キレイ

それっておばさんメイク!自然と老け顔を作ってしまっている色

投稿日:2016年2月2日 更新日:


「今年は〇〇色がトレンド!」や「芸能人の〇〇さん愛用」というワードに乗っかって、自分に合わない色をメイクで使っていませんか?また、若い頃と同じ色合いのメイクをしているという人も多いのではないでしょうか?

自分に似合わない色のメイクは老け顔のもと!自分に似合う色を知って若々しいメイクを試してみましょう。

老け顔原因No.1チークはこう選ぶ!

 

チークには、イエロー系とブルー系の2種類があります。アラサー世代は肌の代謝が落ちて血色が悪くなりがちなので、選ぶべきはイエロー系のチーク。コーラルピンクやワントーン暗めのピンク、オレンジ系のピンクなど、イエローが入った色合いを選ぶと健康的に見えます。

見た目に綺麗だと感じる鮮やかなピンクやオレンジ色は、ブルー系の事が多いです。夕方になってメイクが崩れてくると、青色系のチークが肌をくすませてしまう原因に。アラサー世代が使うと、不自然な「若作りメイク」に見えてしまうので要注意!

顔の広い面積に入れるチークの色選びを間違うと、一気に老け顔になってしまいます。手持ちのチークに違和感を感じたら、思い切って買い替えてみましょう。ガラリと印象が変わるかもしれません。ブルー系かイエロー系か分からなかったら、美容部員さんに相談してみるといいですよ。

アイシャドウの色はこう選ぶ!

 

1.ブラウンカラーのアイシャドウ

働くアラサー女子の定番といえば、ベージュやブラウンカラーのアイシャドウ。10代や20代前半の女子なら、深くて落ち着いた色合いのアイシャドウを使うと大人っぽい雰囲気に仕上がりますが、目元がくすみがちなアラサー世代の場合は疲れて見えてしまう事も。

暗めのアイシャドウを使う時には、光沢感のあるベースカラーのものを使いましょう。大粒のラメだとギラギラして下品になってしまうので、パールカラーがおすすめです。アイライナーも黒色より、濃いブラウンを使う方がナチュラル美人に見えますよ。

2.ブルーカラーのアイシャドウ

日本人は似合う人が少ないと言われているのが、ブルーカラーのアイシャドウ。ブルーカラーのアイシャドウが似合うのは、肌が青やピンクよりで透明感のある「ブルーベース」の人。欧米人に多いと言われています。

実は、日本人に多いのは肌が黄色っぽい「イエローベース」。イエローベースの人がブルーカラーのアイシャドウをすると、似合わないどころか老けて見える原因に・・・。色選びや塗り方次第では老けて見えないこともないですが、イエローベースの人はブルー系のアイシャドウは避けた方が無難かもしれません。

口紅の色は肌が明るく見える色を選ぶ!

 

アラサーになると、明るい色よりも落ち着いた色を選びがち。ポーチの中に、ヌーディ―なベージュカラー、深みのあるボルドーやローズの口紅が入っているという女子は多いのではないでしょうか。

しかし、若々しく見せたい人は落ち着いた色の口紅は封印しましょう。日本人に肌馴染みのいいベージュピンクやコーラル系の口紅は、肌を明るく見せてくれるのでお勧めです。イエローベースの温かみのある色を選ぶようにすればまず失敗することはないでしょう。

落ち着いた色の口紅は、上品さを感じさせてくれるので、目上の人と商談する時やカチッとしたフォーマルな時に使うのはお勧めです。そのまま単色では使わずに、グロスをプラスすれば透明感が出て若々しさがプラスされますよ。

おわりに

メイクはあなたの顔を魅力的に見せてくれるアイテムですが、色選びを間違うと老けて見えてしまう原因になりかねません。自分に似合う色、若々しく見える色を上手に取り入れてメイクを楽しんでみて下さいね。




健康も美容もダイエットもしたい!そんなあなたは、「【必見】今どき女子は始めてる!海外セレブが愛するオシャレダイエット」を読んでみてください。

インスタ映えもばっちりのオシャレに楽しめるとっておきのビューティアイテムがあるんです!

あなたにおすすめの他の記事

Googleアドセンス



Shufoo!

popinコード

-キレイ
-,

Copyright© いま女子 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.