キレイ

梅雨シーズンにおさえたい!湿気に強いナチュラルメイクの作り方

投稿日:2016年6月18日 更新日:


しっかりメイクは女性同士ではアリでも、男性から見るとナシということが多いもの。だからといって、ナチュラルメイクにすると湿気の多い梅雨時期は崩れが気になりますよね。汗や湿気に負けないナチュラルメイクの作り方をお教えします。

メイクが崩れる3つの原因

01

http://www.shutterstock.com/

メイクが崩れる原因は、汗・皮脂・乾燥の3つです。特に梅雨時期に気を付けたいのが、汗と皮脂。皮脂量が多い人は、隠れ乾燥肌の可能性があります。皮膚表面は胃皮脂でテカっていても、内側は水分不足ということも多いのです。テカりが気になるという人は、いつも以上に念入りな保湿ケアを行うようにしましょう。とはいえ、汗をかく季節はしっとりタイプの化粧水はベタベタして苦手という人が多いかもしれません。サラサラタイプの化粧水でも、数回に分けて丁寧に肌に浸透させてあげればしっとり潤いますよ。

崩れない!ナチュラルメイクの作り方3つ

1.下地を丁寧に塗れば美肌に近づく

02

http://beauty-matome.net/

下地の役割は「肌の凹凸を消すこと」、「くすみを消すこと」、「余分な皮脂を抑えてメイクの崩れを防ぐこと」の3つ。下地を丁寧に塗れば、それだけでナチュラルメイクのベースが完成します。

目が大きい人や目の下のくぼみが目立つ人、小鼻が丸い人は、ワントーン明るめの下地で影を消しましょう。影部分は肌をくすませて見せるので、下地で消しておくのが鉄則です。

下地のテクスチャーはクリームでもリキッドでも構いませんが、皮脂や汗を抑える効果の高い春夏用の下地を使うのがオススメ。季節ごとに下地を使い分けることで、メイク崩れが大幅に防げます。日焼け止め効果のあるものなら、紫外線による肌老化も防げて一石二鳥!

2.ファンデーションはリキッドを1プッシュ

03

http://matome.naver.jp/

ナチュラルメイクでは、肌荒れをファンデーションでカバーするのはご法度。隠そうとすればするほど厚塗りになってしまうからです。ファンデーションでカバーしきれないニキビ跡や、赤みはファンデーションの後にコンシーラーで隠しちゃいましょう。

メイク崩れが気になる時期は、サラリとしたパウダリーファンデーションに人気が集まりがち。でも、ナチュラルメイクの艶感を演出するのならリキッドがオススメです。使う量は1プッシュだけ。顔の中央から外側に向かってファンデーションブラシを伸ばしていきましょう。顔の中央部分が濃く、顔の外側が薄くなるので、ナチュラルメイクでも立体感のある顔に仕上がります。

綺麗に仕上げるポイントは、シワのある部分にファンデーションを塗りこまないこと。シワにファンデーションを塗ると溝が深くなってシワが強調されてしまいます。指でトントン叩き込む程度でOKです。

3.仕上げのフェイスパウダーで崩れ知らず

04

http://hadalove.jp/

リキッドファンデーションの後は、フェイスパウダーで仕上げます。フェイスパウダーの役割は、湿気に負けないメイクを保つこと。メイクしたての綺麗を保つのには欠かせません。ただし、メイク崩れを防ぐ為にたっぷりフェイスパウダーをつけるのはNG。

フェイスパウダーはブラシにとって、蓋の部分で煙が出るくらいグルグル混ぜます。その後軽くティッシュでオフしてから顔に乗せていきます。こうすると、根元に粉をたっぷり含んでいるので均一に塗ることができ、厚塗り感が出ません。

おわりに

崩れやすいと敬遠しがちなナチュラルメイクは、しっかり下地を塗ること、ファンデーションは1プッシュと控えめにすること、仕上げのパウダーで油分を抑えることの3つの秘訣で崩れにくくなります。湿気に負けないメイクの作り方は、とっても簡単なのでぜひお試しを。




健康も美容もダイエットもしたい!そんなあなたは、「【必見】今どき女子は始めてる!海外セレブが愛するオシャレダイエット」を読んでみてください。

インスタ映えもばっちりのオシャレに楽しめるとっておきのビューティアイテムがあるんです!

あなたにおすすめの他の記事

Googleアドセンス



Shufoo!

popinコード

-キレイ
-,

Copyright© いま女子 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.