キレイ

【夏⇒秋】紫外線ダメージが蓄積中の肌にするべきアフターケア

投稿日:2016年8月30日 更新日:


夏の遊びは存分に楽しみましたか?日焼け対策しながら遊んだ人、遊びに夢中でがっつり日焼けしてしまった人、様々だと思います。

どちらにしても夏〜秋のこの時期にスキンケアを行うことはとっても効果的なんです。夏休みを思い出しながら、しっかり肌ケアはじめましょう!

シミはこうしてできる!

shutterstock_347887703

まず紫外線などの刺激により肌の中でメラニンが生成されます。このメラニンは肌の角質などと一緒に約1ヶ月で表面に押し出され、剥がれ落ちるのですが、排出が滞るとその分肌の中にメラニンが溜まってしまうのです!

この排出が滞る主な原因は、

  1. 外線の浴び過ぎで排出が間にあわない
  2. 加齢とともに代謝が落ち、排出のペースが遅れる
  3. 睡眠不足による女性ホルモンの不足(排出ペースが乱れる)

特に夏は1の紫外線を浴び過ぎてしまうことが原因でメラニンの排出が間にあわず、真っ黒になってしまいます。

でも、夏〜秋のケアをきちんとすることで日焼けは引いていきますよ!

ケアの方法は?

shutterstock_395172751

紫外線をたくさん浴びてしまったことを後悔する時間があるのなら、メラニンが正常に排出される環境を作るべし!というのがケアの鉄則。

では、どうやったらメラニンが正常に排出されるのでしょうか。

ポイントをいくつかご紹介します。

良質な睡眠をとる

わかっていても意外とできていないのが睡眠。仕事が忙しいと尚更ですよね。寝る前のSNSを辞めたり、寝る前に体が温まる飲み物を飲んだり、工夫してみるといいでしょう。

保湿を怠らない

肌が乾燥していると角質がどんどん剥がれ落ちてしまい、排出が早まります。排出が早まるならいいじゃん!と思ったあなた、大間違いです。角質がきちんと成長していない不十分な状態で肌表面に出てきてしまうため外からの刺激に弱くなってしまうのです。

シミやシワだけでなくたくさんの肌トラブルのもとになってしまいます!

軽い運動

新陳代謝を良くすることで、正常な排出ペースに近づきます。

運動は運動でも、軽い運動を定期的に続けることが大切。激しい運動は活性酸素を作り出す原因にもなりますからね!

手軽にできるケア方法!

shutterstock_276743804

シミ対策・美白効果があるツボ押し

  • 睛明(せいめい):目の内側、目頭の少し内側
  • 攅竹(さんちく):眉毛の内側、眉頭の少し内側

この2ポイントは場所もわかりやすくすぐに実行できるツボです。毎日、気持ちよいと感じる程度の指圧で、10秒×4、5回押すだけでその内効果が出てくるはず♪

アセロラを摂取する

日焼けに効果的な食品としてイチゴが紹介されることが多いですが、あくまで日焼け前の予防として効果を発揮するだけです。日焼け後に効果的なのはアセロラ!ビタミン豊富でかつ、抗酸化作用のある成分を含むからです!

逆に紫外線の感受性を促進してしまう物質が含まれているのが柑橘類

オレンジ、グレープフルーツ、レモンなどを摂取しすぎてしまうと紫外線を吸収しやすいからだを作ってしまうことになるのです。

最後に

真っ白…とまではいかないにしても、この時期のお手入れをしっかりすることで夏のこんがり肌を脱出できるかもしれません。

諦めるのはまだ早いです!今日から肌ケアを!




健康も美容もダイエットもしたい!そんなあなたは、「【必見】今どき女子は始めてる!海外セレブが愛するオシャレダイエット」を読んでみてください。

インスタ映えもばっちりのオシャレに楽しめるとっておきのビューティアイテムがあるんです!

あなたにおすすめの他の記事

Googleアドセンス



Shufoo!

popinコード

-キレイ
-, ,

Copyright© いま女子 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.