ラブ

あなたも私も、こじらせ女子?幸せになるための処方箋、出してみました。

投稿日:2016年10月14日 更新日:


ちまたでは流行っていたらしい<こじらせ女子>お恥ずかしいことに私には初めて聞いた単語なのです。みなさん、知ってました?流行語大賞にノミネートっちょっと小耳にはさんで、ググってはみたものの、調べるほどによくわからなくなる分類。うーん、困った。今回のテーマは「こじらせ女子」なんだけど。私の脳内がこじれそう。

こじらせ女子ってどんな女性?

さらに分類わけされていて、腐女子・ひきこもり・奇抜ファション・大和撫子・サセ子・婚活疲れ型、、、わぉ、これってとんどの女性に当てはまっちゃうのかも。

こんな公式まで
《 低すぎる自己評価 × 強すぎる自己愛 = こじらせ女子 》

自己愛が強いって、ある意味いいこと。過去の私はじめ、私のところに相談に来る女性は【自己愛】もそんなに強くない。前回記事(http://imajoshi.jp/23824/)みたいに黒ひげ危機一髪状態、周りよりも自分のほうが自分を責めていたりするんです。【自己愛】が強いなら、アプローチを変えて【自己評価】を上げれば、結構ぶっとんだいい女になるんじゃないかしら。

もうひとつ、「女子をこじらせる」っていうことは、それだけ【女性性】を自覚しているということ。女性であることを受け入れていることが大前提。自信はなくても、持て余してる、扱えきれてない状態。青春時代に女性でいることのよさがわからず、男として生きていく!と肚をくくりそうになった私からみると、「この女である私を、どうしたらいいのかしら」なんて悶々と悩めるのなら、それはそれで結構色っぽいとすら思えるのです。

掘り下げるほどに、<こじらせ女子>って、なんだか「あと一歩」でいい女になれる、まわりからは〈女性〉として扱ってもらえるのに、本人だけが認めないという、もったいない状態に感じるのです。そんな〈こじらせ女子〉たちへの処方箋、こんな感じで出してみました。

現実逃避しがちな【腐女子】タイプへ

恋愛映画や漫画の美男美女の登場人物に憧れて・・

shutterstock_224633014

雰囲気や仕草が可愛くて、周りからはじゅうぶん、女性として見られている人が多いから本当にもったいない。恋がしたいと言いながら「◯◯は嫌だけど」って何かしら、受入れたくない現実があるみたい。現実は表裏一体だけど、表だけで成り立ってしまうのが架空の世界。本気で恋をしよう、婚活をしようって決めたら、まずはその「受入れたくない」裏の部分と、その理由に向き合って書き出してみることから。それを乗りこえるか乗りこえないか、自分で決めたらどっちに転んでも後悔はしないはず。

ネットの世界によく出没する【ひきこもり】タイプへ

人生経験が乏しく、世界が狭い・・

shutterstock_456624286

引きこもる人って、興味がある分野への探究心が半端ない。ネットで検索しまくっているぶん、脳内は見事に知識の泉。もし自分が「もっと外に出たい」「恋愛・婚活したい」って思ったら、得意のネットでググりまれば、いい情報も怪しい情報も山ほど出てきますから。いつもの検索機能と集中力で自分に合った方法を見つければいいんです。気をつけたいのは「いつものサイト」に固執しないこと。いつもは見ないサイトにこそ、発見がいっぱいなのです。

【奇抜ファション】タイプへ

世間一般では目立つ派手な服や、とげとげした服装を好む

shutterstock_286104992

もうね、いいです、好きならそのままで。「好きなら」ね。もし、目立ちたい、人にわかってもらいたいだけなら、オススメはしないけど、自分がいいと思っているなら問題ない。男性にもアーティスティックな服装が好きな方いますものね。世間一般なんて言われなくても、わかりあえる人と恋愛したらいいじゃないですか。

【大和撫子】タイプへ

家庭的な自分を異常にアピール、同性からは煙たがれる傾向が強い

shutterstock_377713999

もうね、こういうタイプはお見合いや婚活パーティーに行っちゃうのが手っ取り早い。会社内ではめんどくさい女だと思われても、第一印象でわかりやすく男性からモテるので、目的が明確な場所で早めにゲットされたほうがいいんです。ただ、女性らしさや、結婚にも理想が高いので「恋愛結婚」「憧れの彼」に固執するあまり、自分が売れる場所に行きたがらないからもったいない。まずは「結婚」したいのか「恋愛」したいのかを決めてから、行動することをオススメします。

【サセ子】タイプへ

劣等感ゆえに男性との性交渉のみの関係が多い

shutterstock_298379306

ハッキリ言います。付き合いたい男性とは「ゼッタイ、するな!」です。

自分に自信がないぶん、セックスしたらつき合ってもらえる、つなぎ止められると思って健気にカラダを許してしまう女性。遊びだと割り切れるなら話は別ですが、そんなに器用じゃないんですよね。男性は「したら、終わり」です。しなくてもダメなら、してもダメだと思って、自分の価値を上げてくださいね。

【婚活疲れ型】タイプへ

必死の婚活も虚しく、必死さだけがにじみ出て引かれている

shutterstock_86990738

その婚活、1回止めちゃいましょ。ダイエットしても成果が出ないときは、やり方を間違ってるから。婚活しても結婚できないなら、アプローチが間違ってる可能性大。仕事や勉強と違って、やったぶんだけ成果が出るものでもないし。ついでに結婚て、本人の見た目や性格に原因があるわけじゃなくて、タイミングも大きい。だってほら、会社の嫌なアイツだって結婚してるじゃない。Xデーは人それぞれ。それまでに人生そのものを「楽しむこと」これを学んでおくことがすっごく大事、、、ってだいぶ遅いタイミングで結婚してみた筆者は思うのです(笑)

くしゃみ、鼻水、悪寒に吐き気。風邪と同じで、症状をこじらせてもいいことありません。カラダは自然と治るけど、放っておくとココロはこじれるいっぽう。「私も<こじらせ女子>だわ〜」って納得して終わり、だけじゃもったいない、ぜひとも自分にあった処方箋を手に入れて、幸せになってくださいね。




健康も美容もダイエットもしたい!そんなあなたは、「【必見】今どき女子は始めてる!海外セレブが愛するオシャレダイエット」を読んでみてください。

インスタ映えもばっちりのオシャレに楽しめるとっておきのビューティアイテムがあるんです!

あなたにおすすめの他の記事

Googleアドセンス



Shufoo!

popinコード

-ラブ
-,

Copyright© いま女子 , 2023 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.