ホンネ

30代=生きづらい世代!働く独身アラサーが抱える3つの不安。

投稿日:2016年11月16日 更新日:


総務省統計局の調査結果によれば、日本人女性の未婚率は年々増加しています。特に目立つのが30代女性の未婚率。女性の出産平均年齢も、現在では30.1歳にまで上がっています。

なかなか結婚できないアラサー女子には、ある共通点があります。それは、「給料や見た目は普通でいい」という考え方。

高スペックの男性を求めているわけではないのに婚期を逃してしまう理由について、統計データやアンケートをもとにご紹介します。また、働く独身アラサー女子ならではの悩みについてもまとめました。「結婚」って自分にとって何なのか、考えてみませんか?

独身アラサー女子の共通点とは?

shutterstock_264713114

結婚したいのに結婚できないアラサー独身女子の多くは、「結婚相手の見た目や年収は普通で良い」と考える傾向が高いです。

決して高望みしているわけではなく、「普通の男」であればいいと思っているのに、どうして自分にはいい出会いがないのか戸惑ってしまいますね。

でも、この「普通の男」の条件に落とし穴があるんです!

独身女性のブログや質問掲示板の内容をまとめた「普通の男」の条件がこちらです。

  • 身長170㎝以上(容姿はブサイクじゃなければいい)
  • 年収500万円以上 (職種はこだわらない)

結婚できない原因は相手に求める条件が厳しいから!?

shutterstock_250126006

総務省が発表した統計データによれば、平成15年度の26~39歳の男性の平均身長は約171㎝。

身長分布を詳しく見てみると、167㎝~174㎝の男性が多いことが分かります。

年収に関しても同様で、年収500万円以上を稼いでいる同年代、もしくは年下の独身男性探しはハードルが高め。

年齢別サラリーマン男性の年収を調査した情報によると、20~24歳で265万、25~29歳で378万、30~34歳で446万という結果でした。

アラサー女子の条件を満たす年収500万円をクリアできるのは、40歳~59歳の男性になっちゃうんです。

つまり、独身女性が考えている普通の男性の条件は、現実では平均以上ということ!

外見はブサイクじゃなければいいといいながら、実際はイケメンに魅力を感じている女性も多いのでは?

なかなか結婚できないのは、気が付かないうちに「良い条件」で周りの男性を選んでしまっているからなのかもしれません。

 

独身アラサー女子が抱える3つの不安

shutterstock_140177479

人にはなかなか言えないけど、感じている独身アラサー女子ならではの不安。皆はどんな状況に不安を感じているのかをまとめました。

不安1.老後のこと

老後の不安で一番多悩みが、独身老人になった時の生活です。今は実家暮らしだという人も、親が自分より長生きすることはまずありません。独身のまま老後を迎えたら、料理や掃除といった家事は誰がしてくれるのだろうか・・・と不安になってしまいますよね。

今は元気だからいいけれど「おばあちゃんになった時に一人は寂しいな」とか、「老人ホームに入るべきなのかな?」という環境の変化を悩んでいる人も多いです。

老人ホームの多くは年金だけでは毎月の費用を賄えません。「独身女性の場合、老後は○万円の貯金が必要!」なんて話を耳にすることも多いと思います。そのため自分の貯金でなんとかなるのだろうかと、多くの独身女性が老後のお金の不安を抱えてしまうのです。

不安2.出産のこと

初産出産者の平均年齢は、30.1歳です。これはあくまで平均ですが、「何歳まで出産できるのかな」とか「なかなか妊娠できなかったらどうしよう」といった不安を感じている女性は多いです。アラサー向けの雑誌でも、妊娠・出産に関する記事が良く扱われるので、意識したくなくても意識せざるを得ません。

政府が少子高齢化を打破するために政策を打ち出していることに、「女性は子供を産んで母親になるべき」といった人生観を押し付けられているように感じている人もいます。

また、女性の場合は出産すると仕事を一定期間休まなければいけません。育児中の仕事のブランクもあります。仕事でキャリアを築きたいという女性にとっては、家庭を持って子供を産むのか、また子供を持つ場合はどのタイミングで子供を産むかどうかも不安要素の1つです。

不安3.周囲の目

両親や親せきに会うたび「結婚はまだ?」とか「彼氏はいないの?」といった話題を振られることは多いのではないでしょうか。他人から「モテそうなのにどうして結婚しないの?」とか「だから結婚できないんだよ」なんて上から目線の発言にプライドが傷つくことも。「うるさいなぁ、ほっといてよ」なんて心の中で思っていても、周囲からあれこれ言われると不安になってしまうのも当然です。

また、友達が次々に結婚・出産を経てくると、一緒に居る時の話題が「子供の話」になって楽しめないという意見も。仲が良かった友達と付き合いが減ったり、距離を感じてしまう人も少なくありません。

結婚ってしないとダメなの?

shutterstock_486315253

30歳を超えると女性の既婚者の割合は半数を超えます。

「結婚できるのかな」、「このまま一生独身なのかな・・・」という気持ちを解消するために必要なのは、まず自分に自信を持つこと。

週末の時間を使って、習い事を始めてみてはいかがでしょうか。

料理教室など実生活に役立つ習い事は、婚活にもぴったり。最近は料理男子も増えてきているので、教室で新しい出会いがあるかもしれません。

お付き合いしている彼氏に手料理をふるまって家庭的な一面をアピールすれば、結婚を意識してくれるかも!?

月謝制の場合は1か月あたり8,000~15,000円、単発の料理教室の場合は2,000~5,000円かかることが多いようです。

ペン字の通信講座や、書道教室なんかもおすすめです。

字が綺麗だと、それだけで第一印象がUPするといわれています。アラサー男性向けのアンケートでは、「字が綺麗だと育ちが良さそうに見える」なんて回答も!

書道教室に通う場合は道具代を含めて5,000~10,000円程度、通信講座なら3,000~4,000円が目安です。

まとめ

老後のこと、妊娠出産のこと、周囲のいらぬおせっかい・・・自分の理想の相手が見つからなかったり、付き合っている彼氏がなかなか結婚に踏み切ってくれないと、焦ったり不安になったりしちゃいますよね。

でも、不安になるのは今を一生懸命生きている証拠!将来のことを真剣に考えているからこそ、焦ったり不安になってしまうのです。

料理教室や書道教室など、自分がスキルアップできる習い事に挑戦してみるのもいいかもしれませんね。自分磨きをして魅力がUPすることで素敵な出会いが増えたり、今の彼氏とゴールイン・・・なんてことになるかもしれませんよ♪




健康も美容もダイエットもしたい!そんなあなたは、「【必見】今どき女子は始めてる!海外セレブが愛するオシャレダイエット」を読んでみてください。

インスタ映えもばっちりのオシャレに楽しめるとっておきのビューティアイテムがあるんです!

あなたにおすすめの他の記事

Googleアドセンス



Shufoo!

popinコード

-ホンネ
-,

Copyright© いま女子 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.