ラブ

復縁LINE!元カレとヨリを戻すためのアプローチ方法・NGワード集

投稿日:2017年8月20日 更新日:


カレにフラれた方も、カレをフッた方も、復縁したいと思っている方は必見!

一度離れたカレを取り戻すには、それなりの作戦と時間が必要です。「ヨリを戻せるかな?」「カレに何と言えばいいんだろう?」などと迷っているなら、会話する時に便利なLINEを使って復縁に挑戦してみましょう。

まずは別れた後の男性心理を理解したうえで、LINEでアプローチを仕掛けていきます。アプローチは早すぎても遅すぎても意味がありません。絶妙なタイミングで、元カレにヨリを戻させる気持ちになるようにセッティングしましょう。

今回は、元カレと復縁できる方法を、LINEを使ってご紹介していきます。

別れた直後の男性の心理

アプローチをあせってはダメ

カレにふられた場合、別れた直後のカレは自分を正当化しようとします。

男性は悪者になりたくないという気持ちが強いため、「あなたに非があったから仕方なく別れた」と思い込むことで、「フッた=自分が悪者」という考えを打ち消そうとします。

別れたことが正しかったと考えるため、別れた直後に復縁を考えることは難しいでしょう

あなたがカレをフッた場合は、カレの自尊心を大きく傷つけている可能性があります。心にダメージを負った男性はプライドを修復することを優先してしまいます。

以上のことから、フラれた場合もフッた場合も、別れた直後にやり直すことは賢明ではありません。冷却期間を置いてアプローチをすることが大切です。

時間が経つと悪い印象が薄れる

男性は、時間を置くことで別れた相手を客観的に考えることができます。特に男性がフラれた場合は、自尊心を傷つけられているため、相手への憎しみや怒りで心が支配される傾向があります。

しかし時間が経過すると「彼女が悪いから別れた」という正当化していた理由や、「自分がフラれるなんてカッコ悪い」といった悪い印象が薄れ、かつての彼女の良い点や好きだったポイントを思い返すようになります。

この「時間が解決してくれる」が重要で、冷却期間を設けることで復縁しやすい状態になります。さらに復縁のチャンスを高めるなら、復縁に悩む女性から圧倒的な支持を得ている「復縁メール相談」を試してみるのも1つの手です。

復縁する前の準備

LINEのタイムラインは非表示にする

冷却期間を置くことが自分自身の印象を徐々に良くしていき、復縁の成功率をアップさせる手段になります。従って、復縁のアプローチを仕掛けるまでは元カレとの接触は極力避けておくことが大切です。

例えば何かの拍子に元カレがあなたのLINEのタイムラインを見てしまったら、あなたを意識するきっかけになってしまい、元カレの中のあなたの印象が変わりにくくなってしまいます。

復縁をもちかけるまではLINEのタイムラインも非表示にし、接触を断つようにしましょう。

元カレのタイムラインも非表示にする

ヨリを戻したいあまり、元カレのLINEのタイムラインをチェックしてしまう気持ちはよくわかります。しかしカレの一挙手一投足を気にしていると、

  • 一緒に写っている女性は誰?
  • 誰と一緒にいるの?
  • 私とは行かなかったところに行っているってどういうこと?

といったように全てをネガティブにとらえてしまい、精神衛生上よくありません。

また冷却期間は単純に距離を置くだけではなく、なぜ別れてしまったか、自分の非は何だったのかを見つめなおす時期でもあります。

もう一度カレと出会う時のために、カレに「やっぱり手放したくない」と思わせる女性になるために、カレの行動を意識するのではなく、自分磨きに集中することも必要です。ひとりで抱え込んでしまう方には、復縁に悩む女性から圧倒的な支持を得ている「復縁メール相談」でいまの不安な気持ちをさらけ出してはどうでしょうか。

いざアタック!でも最初はLINE以外の方法が良い!?

いきなりLINEはやめておいたほうがいいかも

LINEは便利ですが、一方で気にしてしまう機能もあります。それはブロックや削除機能

もし、最初のアプローチでLINEにメッセージを送った時、元カレがこっそりあなたのことをブロックしていたり削除していたら、あなたの想いは届きません。

しかも、LINEのブロックや削除機能は、相手に分からないように設定されるため、後で拒否されたことを知った時のショックは大きいものです。

自分が拒否されていないかどうしても気になる場合は、元カレにきせかえやスタンプを贈ってみましょう。男性が持っていそうにないマイナーなものや、女性らしい柄やスタンプを贈ることがポイントです。

もし送ってみて「すでに持っている」「プレゼントできない」とエラーが出てしまったら、残念ながら高い確率でブロックされている可能性があります。

ただし、まだあきらめる必要はありません。もっと冷却期間を置いたり、元カレの近況を共通の知り合いから探ってみるのも一つの手です。

もし元カレに相手がいるようなら、辛いですが諦めて、気持ちを切り替えましょう。

スマートフォンを言い訳にワン切りがベター

スマートフォンはタッチパネル式のため、押し間違いをしてしまったり、機種変更で不慣れな操作をしてしまったりと、間違いがおきやすい携帯電話です。

この間違いを利用してワン切りし、「間違ってゴメンね」といったメッセージをLINEで送ると最初のきっかけがつかみやすいでしょう。

ただし「元気にしてた?」「何してる?」などとたたみかけるようにメッセージを送ることは厳禁。あくまでも相手にきっかけを与えるだけにしておきましょう。

自分に原因がある場合はひたすら謝ろう

フラれた場合も、フッた場合も、あなたに非があるなら「どうしても謝りたくて」と切り出してみましょう。一旦電話してみて、出なければLINEで送ってみましょう。

そして「怖かったけど、謝らないといけないと思ってた。今さら後悔しても遅いけど…」と続けて、まずは謝罪の気持ちを伝えるようにしましょう。それでも上手くいかない場合は、復縁に悩む女性から圧倒的な支持を得ている「復縁メール相談」を試してみるのも1つの手です。

 相手に「ヨリを戻したい」と言わせることが大事

悩んでいる姿を見せる

男性はもともと女性を追いかけるスタイルが本能的に好きです。従って、元カレから「復縁したい」と言わせることができれば成功です。いかに「ヨリを戻したい」と言わせられるかを考えて行動しましょう。

男性は女性から頼られるのも好きです。ましてや元カノが悩んでいたら、解決してあげたいと思うはず。そこで手始めに「あまり最近うまくいってなくて……」と“ジャブ”を打ってみましょう。

この“ジャブ”は表向きは悩みを打ち明ける体ですが、その実は「あなたにもチャンスがある」「あなたを必要としている」と元カレに思わせることが目的です。

後悔のメッセージを送り、復縁を仕向ける

上の段階で元カレが反応したらシメたもの。「今更だけど、あなたがいなくなってわかった」とメッセージを送ってみましょう。

ここでもストレートに「復縁したい」とは言わせないことが大切です。やり直したい雰囲気だけ作っておきましょう。

自分に原因がある場合は謙虚にふるまおう

あなたが原因で別れてしまった場合は、復縁のハードルがそれだけ高くなるので覚悟が必要です。

一にも二にも、謝罪の姿勢を崩さないようにしましょう。「復縁したい」なんてお願いはもってのほかです。元カレの気持ちも変わらない可能性があるため過度な期待はNGです。

もし元カレに伝えるなら「許さなくていい」の言葉。そして「ただそばにいたいだけ」と送ったら、謝罪の気持ちと、かついじらしい姿を印象付けることができるかもしれません。

元カレに「そこまで言わなくても」と思わせたなら、復縁のチャンスがあります。さらに復縁のチャンスを高めるなら、復縁に悩む女性から圧倒的な支持を得ている「復縁メール相談」を試してみるのも1つの手です。

言ってはいけないメッセージ集

男性は簡単に手に入るような女性よりも手に入らない女性にこそより魅力を感じるため、簡単に手に入ると思わせるメッセージはNGです。例えば、こんなメッセージは送らないようにしましょう。

  • 「あなたとヨリを戻したい」
  • 「こうして謝ったから、もう一度つきあって」
  • 「彼女できた?」
  • 「最近どうしてる?」
  • 「逢いたい」

最終的な決断は、あなたではなく元カレに委ねる伝え方がベストです。

  • 正当化したい心理
  • 追いかけたい心理
  • 頼られたい心理
  • プライドが大切な心理

……など、男性の心理を理解し、利用しながらベストな方法でヨリを戻せるように頑張りましょう。よりヨリを戻すチャンスを高めるには、復縁に悩む女性から圧倒的な支持を得ている「復縁メール相談」を試してみるのも1つの手です。

まとめ

  • 男性は手に入りにくいものに魅力を感じる
  • 女性からヨリを戻す時は「復縁したい」はNG
  • 男性にもチャンスがあること、必要としていることをそれとなくにおわす程度のアプローチがベスト
  • 冷却期間を利用して自分の印象を上げておく

健康も美容もダイエットもしたい!そんなあなたは、「【必見】今どき女子は始めてる!海外セレブが愛するオシャレダイエット」を読んでみてください。

インスタ映えもばっちりのオシャレに楽しめるとっておきのビューティアイテムがあるんです!

あなたにおすすめの他の記事

Googleアドセンス



popinコード

AJAコード

Fing[テスト]

-ラブ
-, ,

Copyright© いま女子 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.