キレイ

美肌になるにはどうしたら?肌タイプ別の美容成分と正しいスキンケア方法

投稿日:2017年9月15日 更新日:


白い肌、もち肌、透明感ある肌など、美肌を形容する言葉がありますが、その美肌になるにはどのようにすればいいのでしょうか。

多くの女性が鏡を見ては思い悩んでいる美肌ですが、エイジングを重ねるにつれて条件が変わってきます。

まずは、自分の肌の状況を知った上で、美肌になるにはどうクリアにしたらいいのか、一つひとつ見ていきましょう。

美肌になるには自分の肌のトラブルを知ろう

多くの女性は、自分がどんな肌のタイプなのかを正確に知らないで化粧品を選んでいますが、それでは美肌作りからは遠ざかるだけです。

やはり、肌の乾燥から始まって、ニキビやシミ、ソバカス、その他にもエイジングケアの方法など、自分が本当に知りたいと思う情報を手にすることが大切になります。

そして、トラブルのない美肌を目指すには、トラブルの原因をどう改善・解消すればいいのかを知ることも大切になります。今、何をすべきなのかをしっかりと学習しましょう。

ドライスキン

いわゆる乾燥肌のことで、皮膚がカサカサになった状態のことを言います。アレルギー体質からアトピー性皮膚炎になることがありますが、乾燥肌からなることも知られています。

原因

加齢 皮膚が老化することで肌の水分量が減っていくことで起こります。
入浴方法 入浴した際にナイロンタオルで汚れを落としたついでに、皮膚の乾燥を防御している皮脂膜も一緒に流してしまうことで起こります。
肌質 特にアトピー皮膚炎の患者に多く見られ、本来であればセラミドが肌を乾燥から守っているのですが、肝心のそのセラミドの生成が出来ないことで起こります。
季節 冬季になると空気の乾燥が日常的になる一方で、エアコンの暖気が空気を乾燥させるダブル乾燥が肌の乾燥を促進します。

ドライスキンを防ぐには、肌の乾燥を防げばいいわけで保湿がポイントになります。

ニキビ・毛穴

肌荒れといって直ぐに思い浮かぶのがニキビです。10代から大人になっても悩まされ続ける肌トラブルの代表で、乾燥肌や混合肌、さらに敏感肌や脂性肌に多く見られ、若い世代での原因は皮脂の分泌が毛穴を詰まらせることで起こります。

一方、大人の原因には、肌の代謝の低下によってターンオーバーが遅れるようになり、結果的に古くなった角質が毛穴を塞ぐことが挙げられます。メイクも毛穴を塞ぐことがあるので、しっかりと落とすようにしましょう。

また、洗顔では洗いすぎなどの刺激は駄目です。皮脂を落とすことになるので肌が乾燥することになります。それから生活習慣、中でもストレス、不規則な食生活などもニキビの原因になりますので注意をしましょう。

治療はニキビの症状によって変わりますので、重症になる前に早めに治療を受ける必要があります。ニキビケアはあなたの心がけ次第ですぐにでも行動できます。

シミ・そばかす

ニキビに続いて美肌になるにはシミ・そばかす対策が必要になります。シミの原因は紫外線です。肌はメラニン色素を生成することで、細胞核を紫外線から守ります。

メラニン色素は普通であれば、肌のターンオーバーで剥がれるのですが、中にはストレス、ホルモンバランスの異常、睡眠不足、加齢、食事のアンバランスなどからターンオーバーが剥がれなくなり、それが蓄積されることでシミになります。

ということでシミ・そばかす対策では、いかに紫外線にあたらないようにするかが問題で、UVクリームや日傘を利用して、まずは紫外線を防ぐようにしましょう。

それから、メラニン色素の抑えることも大事ですので、ビタミンC、抗酸化作用のあるビタミンEの摂取を初め、バランスの良い食事にも注意を向けるようにしましょう。

しわ・たるみ

老けて見えるのはしわ・たるみのせいかも知れません。美肌を守りたいなら、しわ・たるみ対策を万全にしなければなりません。

原因は、シミ・そばかすと同じように紫外線で、肌のハリや弾力を保つコラーゲンやエスラチンを攻撃することで、しわ・たるみが見られるようになります。

乾燥も細かいしわの原因になります。最初のうちはそんなに目立ちませんが数が増え始めますと大きなしわになるようです。

加齢につれて顔の筋肉も衰えを見せはじめ、結果的に皮膚、脂肪を支えられなくなることでしわ・たるみができやすくなります。

では、しわ・たるみの改善するためには、どんな方法があるのでしょうか。

  • 紫外線を防いで日焼け止めをする
  • 肌の乾燥を防ぐために保湿ケアに関心を向ける
  • 顔の筋肉を維持するため意識的に顔の表情を動かす
  • コラーゲンの生成のためにビタミン、ミネラル、タンパク質の摂取

などを心がけるようにしましょう。

美肌成分って?

美肌になるには美肌成分を知ることが大切です。例えば、

  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • プラセンタ
  • コエンザイムQ10

などが挙げられます。

コラーゲン

細胞間をつなぎ肌に弾力性や柔軟性をもたらすコラーゲン量の40%は皮膚にあります。このコラーゲンが不足するとしみやたるみの原因になります。

フカヒレ、手羽先、牛筋などの食品に多く含まれ、それ以外で摂取する場合にはドリンクがいいでしょう。人気のドリンクは「翌日にはぷるるん美肌!肌荒れに効果的な飲み物ランキングTOP5!」をご覧くださいね。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸の特徴は保水力があることで皮膚には潤いを与えます。したがって、ヒアルロン酸が減るとは保水力も減少、肌にハリや弾力がなくなります。

多くの食品含まれていますが食品からの摂取は難しく、サプリメントの方が効率的に摂取できます。

プラセンタ

プラセンタは胎盤という意味で、アミノ酸を初め、美肌を作る成分が豊富に含まれています。抗酸化のペプチド、保湿のヒアルロン酸、弾力のコラーゲンなども配合されています。効果は

  • 美白
  • 保湿
  • 新陳代謝
  • 血行促進

などが挙げられ、摂取するにはサプリメントが有効です。

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10 の特徴は、強い抗酸化用で老化の原因とされる活性酸素の抑制に効果があることが認められています。それに加えて、ターンオーバーを正常化することで美肌にも効果があります。

食物から摂取するには効率が悪いのでサプリメントで摂るのがおすすめです。

美肌になるには日頃のスキンケアがポイント

正しい洗顔法で汚れを洗い流す

洗顔の基本はやさしさ。洗顔料は先に泡立ててから使うのがベターなので、手のひら一杯に泡立て、そうしてからやさしく肌にやさしくなでるような感覚で洗顔します。

そして、洗顔料を残さないようにしっかりと洗い流します。正しい洗顔法を身に付けましょう。

肌への激しい摩擦は避けましょう

肌にとってゴシゴシ摩擦を与えることはストレスになります。特にメイク落としの際にはついついそうやり勝ちになりますが力を込めてやっていませんか。

スクラブ入りの洗顔料で力いっぱい擦って汚れを落とす人が良く見られますが、やり過ぎには注意をした方がいいですよ。

肌に違和感があったら即中止

洗顔後に化粧水を使った際に肌症状が見られることがあります。ヒリヒリしたり痒くなったり、赤くなったりします。

もったいないと続ける人がいますが、肌調子が最悪の場合には肌荒れを起こすこともあり、シミの原因になることもあります

美白剤の継続が効果

美白剤はシミやくすみなどによく使われます。使用に際してのポイントは、自分の肌に合う製品でしたら一夜坊主にならず継続して使用するようにしましょう。

美肌は短期間で成ることではありません。毎日の積み重ねが効果を生みだすことになります。

食品と栄養バランス

美肌を得たいと思ったら肌表面への外からのスキンケアも大事ですが、肌細胞には内側からのアプローチも大事です。それは食生活で、食べ物や栄養素が美しい肌作りには欠かせないものになっています。

ビタミン

ビタミンは美肌作りには欠かせない栄養素で、

  • ビタミンAは肌の代謝効果が
  • ビタミンBは肌のターンオーバーに
  • ビタミンCは抗酸化作用、美白効果に
  • ビタミンDは肌のバリア機能
  • ビタミンEは血液循環効果に
  • ビタミンKは赤ら顔
  • 目の下のクマやくすみの改善効果に

ミネラル

ミネラルの重要性はよく知っているのですが、実は私たちの身体の中のミネラル量は4%しかありません。身体の仕組みの中ではミネラルの役割は筋肉や神経に関係しているのですが、実は美肌作りにも深く関与しています。

アミノ酸

アミノ酸の特徴は肌のターンオーバーである皮膚の生まれ変わりを調整します。早すぎた場合には乾燥、過敏になります。遅すぎた場合にはしみやそばかすになりやすくなります。

美肌に関係するアミノ酸はアスパラギン酸、セリン、プロリン、チロシン、アルギニンがあります。

亜鉛

亜鉛の働きは新陳代謝に関与しターンオーバーのリズムを整えます。

それに、ビタミンCとの作用で肌のハリと弾力性をもたらすコラーゲンの生成を促す一方で、メラニン色素を抑制することで、しみ、そばかすを防ぐ効果があります。

生活習慣の改善

美肌になるには常日頃から生活習慣を見直すようにします。というのも、日常性の中に美肌になるための大事なポイントがあるからです。

生活の質を挙げるのと同時に心がけ次第で、肌の回復力も増し美肌に近づけます。何といっても生活法の改善がポイントになります。

入浴

肌と睡眠の関係が深いことは多くの人が知っている事実です。実際に「肌は夜作られる」という言葉があるぐらいです。そこで入浴が関係するのは睡眠の質を高める効果があるので、寝る1時間半前に済ませ、39度程度のぬるま湯に10~20分程度浸かるのがおすすめです。

睡眠

22~02時までの4時間の睡眠が成長ホルモンの分泌を促し、この時間帯に眠りを取っていると肌が調うと言われています。

ですが、実際にはなかなか難しいのが現状で、とにかく入眠後3~4時間の時間を大事にして質の良い睡眠を取ることが大切になります。

運動

美肌と運動の関係には、まず毛穴を開かせるので皮脂分泌が盛んになる。老廃物を排出するデトックス効果

成長ホルモンの分泌。リラックス効果などが挙げられ、全身マッサージや美容液を使うのと比べても遜色ない効果を挙げることが出来ます。

ストレス

ストレスに曝されると自律神経の交感神経が優位に立ち、血流が悪くなり肌の新陳代謝にも影響が出ます。それにホルモンバランスを崩すことで女性ホルモンの分泌にも影響が及び、肌のつやや潤いがなくなります。

また、活性酸素にも影響が出ますので肌細胞が損傷します。

紫外線対策

春・夏の紫外線は肌の敵と言えます。肌の損傷を引き起こす元凶で、メラニン色素はしみに原因になりますし、肌バリア機構の破壊は肌荒れやニキビの炎症を悪化させます。

活性酸素の発生は免疫力を低下させるので、紫外線対策をしっかりやって日焼けを防ぎましょう。

まとめ

  • 美肌になるには自分の肌のトラブルを知ることがポイント
  • 美肌になるためには美肌成分の効果を知りましょう
  • 美肌になるには日頃のスキンケアのポイント
  • 身体の内側からきれいにする食品と栄養バランス
  • 美肌には生活習慣の改善と生活の質

 

 

-キレイ
-, ,

Copyright© いま女子 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.