ホンネ

《第1回》アラサー女子の憂鬱 ~見えない大きな「線」~

投稿日:2017年11月1日 更新日:


「ウチらって、もうアラサーだしさぁ~」

ロッカールームに響いたその声に、沙和は思わずビクッと身を縮めた。振り返ったら、4年目の後輩二人がメイクを直しながら、女子トークに華を咲かせている。


大手金融機関で働く沙和。渋谷からほど近い私鉄の駅近くの支店に配属されて、早8年。気付けば今年で29歳だ。まさに「三十路目前」の沙和にとって、「アラサー」は、いちいち心のどこかにつっかかるワード。

「あれ? でも、あの二人って、たしかまだ26歳のはずだよね……」

沙和がそう心の中でつぶやいたのを見越したかのように、小声でこっそり話しかけてきたのは同期の有紀だ。

「26歳なんて、まだ本物のアラサーじゃないのにね。ていうか、アラサー、アラサーって、自分で言ってられるうちが華だよねぇ」

思わず、深くうなずいた。

まだ20代半ばの彼女たちは、「アラサー」を自虐的に使っているようで、実はあまり自虐していない。というか、むしろ「アラサー」を楽しんでいるに違いない。

それが、28歳をすぎて「リアルアラサー」に進化すると、途端に「アラサー」を口に出すのが恥ずかしくなる。「アラサー」っていう言葉で、自分の年をごまかしているのがたまらなくダサいと思うようになるのだ。

「ホント、そのとおりだね」

そう小さく返事をして、「なんちゃってアラサー」の後輩二人を見ると、ハンディタイプのコテで髪を巻き直している。

「あの二人、今日、これから合コンなんだって」

聞いてもいないのに、わざわざ報告してくれる有紀。
その言葉を片耳で聞く沙和には、ウキウキしている後輩たちの姿がまぶしく映った。

――あんなふうに華やいだ気分、しばらく味わってないよなぁ……。

半年以上も出会いの場に行っていないことに気付いて、ちょっと茫然とする沙和。
でも、次の瞬間――。

「いいよねぇ、仕事がヒマなコたちはさ~」

後輩には聞こえないように小声で、でも、しっかりと嫌味がこめられた有紀の言葉。

> 続きを読む 

健康も美容もダイエットもしたい!そんなあなたは、「【必見】今どき女子は始めてる!海外セレブが愛するオシャレダイエット」を読んでみてください。

インスタ映えもばっちりのオシャレに楽しめるとっておきのビューティアイテムがあるんです!

あなたにおすすめの他の記事

Googleアドセンス



Shufoo!

popinコード

-ホンネ
-,

Copyright© いま女子 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.