ラブ

完璧な女を目指すのは終わり!足りない所を満たせる人を見つけるのよ!

投稿日:2016年5月24日 更新日:


今回もこじらせ女について考えたいんだけど。
ベッキーさんって考えたら、こじらせ女感、すごいわね(今回も引っぱるわよ~)。十代~二十代を芸能界ですごし、フツーの女の子が同年代で経験すべき愛やら恋やら性やらのスッタモンダを、ほとんど実地で経験することなく31歳になっちゃったんじゃないのかしらんね。高齢処女って説もあったけどさ。

恋愛なんていつでもできる

そこそこキレイだった女が、「恋愛なんていつでもできる」式に二十代を、仕事!仕事!!仕事!!!
で生きて、(だんだん同年代~年上からお声がかからなくなってるのにも気付かず)年下相手にアネゴ風吹かせてるうちに、だんだーんと「おかしなことになる」って話、ゴロゴロあるじゃん。空港芸で有名な昨今の浜崎あゆみとか。
今じゃ、ライブとやらではヒモで天上からつりさげられた七面鳥みたいになってるわよ(超ドヤ顔)。

完璧な女は目指さないで

shutterstock_179473574 

でもさーどういう二十代、三十代前半を生きてきても、もはや失った時間は取り戻せない。
浜崎あゆみも散々言ってて自分で守れてないっぽいけど、なんか得たら、別のなんかは失いますの。ロリエのオススメは、ダメな部分を隠そうとしないことだと思うわ。完璧な女なんて目指さなくて正解。
足りてない部分を満たしあえる男をみつけんのよ!

男さがしのポイント

そもそも、男探しってもさ、ホントは恋愛モードじゃないのに、なんとなく寂しいから、「誰かと付き合いたいな~」「結婚したいな~」っていうのだとダメなのよ。
女にも「こじらせ女」がいるように、男にもそういう手合いがいるの。
結構、危険なのが見た目も付き合いも地味なクセに、全然まとまるつもりが一切ない男ってヤツ。
こういうのに引っかかりやすくなるから危険なの。

適当に落ち着いてはダメ

女って現実主義だから、適当なところで落ち着こうとするじゃん。
でもその手の男は一生夢追い人なの。わかってないのよ。なぜか独身歴が長い、地味なイケメン。いるでしょ。あぶないわ~。こういうのが、こじらせ男の典型よ!(だいたい草食男子?って女子センサーにピーンてくるタイプはだいたいがソレ)。
そういうのに限って、自分大好き男なんだよね。
母親にかしづかれて育った、田舎の長男タイプ。オラついてギラギラしてるタイプの自分大好き系=マイルドヤンキー系にある女子へのサービス心がゼロ。

女は情が湧く

彼もホントは恋愛モードっていうほどじゃないんだけど、寂しいから、アプローチしてくる女につきあってくれてるだけってケース。
時々さらっと嬉しいこといってくれるけど、基本的にマイペース。こういう男は友だちならともかく、恋人としては付き合うだけムダとロリエは思う。

さほど好きじゃない相手でも情が湧いてきて愛おしくなる……って、女特有の心理かもね、って思うわ。
男はそういうこと、ほんとにないから。

男の息の根を止めるポイント♡

shutterstock_148702229

あのね、恋で男が一気に変わることもあるけど、それって恋愛関係のごく初期にパッと花が開くみたいに変わるもんよ。
一方、付き合った時点から、ン年も過ごした同棲カップルみたいな低空飛行の恋愛になった時点で、その後、一発逆転なんてないわよー。

逆にいうと、いちばんおネツが高い時に、男は息の根止めないとダメね。女からでも結婚を意識してるならそれをハッキリ出しちゃうこと。もしそれで逃げられたり、はぐらかすような男は最初からダメーってお話でした。

ロリエ、さいきん若いメンズに(も)手厳しいの。まぁ、彼氏選びの参考にでもしてね❤

 

 

健康も美容もダイエットもしたい!そんなあなたは、「【必見】今どき女子は始めてる!海外セレブが愛するオシャレダイエット」を読んでみてください。

インスタ映えもばっちりのオシャレに楽しめるとっておきのビューティアイテムがあるんです!

あなたにおすすめの他の記事



-ラブ
-, ,

Copyright© いま女子 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.