しごと

上司をチェック!知っているだけで差がつく「脳タイプ別」攻略法

投稿日:2017年3月10日 更新日:


上司との相性がよくないせいで、仕事が嫌になってきた。今まではいい職場だったのに。。。

同じ職場でも、上司が違うだけで居心地も全然違いますよね。移動したくても、上司に「あなたのせいです」と言うのはさすがに勇気がいります。しかも相性の善し悪しが、仕事の成果に響くこともめずらしくありません。

みなさんの職場はいかがでしょうか。できることなら上司との関係は良好にしておきたいですよね。

とくに男性の上司は、私たち女性と根本的に価値観が違う部分があるので、お互いが「理解できない」のはそもそも仕方がないことなのです。その価値感の違いって、<相性が悪い>のではなくて、<脳のつくりが違う>だけなんですよ。

全体の割合的には左脳は男性、右脳は女性が得意らしいのです。

ただ、医学的には証明されていないので、あくまでも「傾向に違いがあるらしい。」というくらいに捉えておいてくださいね。

ざっくりした違いは、左脳は数字や分析、右脳は芸術的なことや感覚的なことが得意です。どちらかが良くて、正しいということはありません。右脳、左脳、得意分野の割合によって、人それぞれこだわることや考え方が違ってくるのです。

「上司はどうして、こんなことにこだわるのかしら。私にはもっと大切なことあると思うけど。。。」

考えるだけでは解決しない悩みも、脳の傾向を知ることで理由がわかるかもしれません。

それではさっそくチェックしてみてくださいね。

右脳・左脳?タイプチェック

当てはまる数が多いほど、傾向が強いということです。

左脳タイプ

  • どちらかというと理屈っぽい
  • 数字に強い。会話にも数字的な知識がたくさん盛り込まれる
  • 知識は多いが、会話に感情がこもっていないと感じる
  • 重箱の隅をつつくように、仕事とキッチリこなす
  • プロジェクトは過程よりも、結果を重視する

右脳タイプ

  • どちらかというと感覚的
  • 女性との会話が上手。会話に擬音が多い。
  • スーツや持ち物のセンスがいい。こだわりがある。
  • 仕事のツメが甘いことあるが、部下にも寛容。
  • 結果も大切にするが、過程も評価しようとしてくれる

みなさんの上司はどちらのチェックが多かったでしょうか。

やたら日付と数値を重要視するのは、左脳が強い人かもしれませんね。それって実は、右脳が得意な「なんとなく大丈夫そう」みたいな感覚がわからないからでもあるんです。仕事は結果ありき。なぜそうなったのか、これからどうなるのか、ひとつひとつを数字で証明しておかないと不安なんです。

右脳、左脳の特徴がつかめたら、次は上司が「何を望んでいるか」を知って評価につながる成果をだしていきましょう!

右脳・左脳?タイプ別攻略法

左脳タイプ

  • 売上、工程、結果、予想・・・資料はなんでも数字で説明すると納得しやすい。
  • ケアレスミスを嫌うので、提出前のチェックは入念に!〆切りは厳守。
  • 説明は、伝えたいことを明確にして理路整然と話す。感情的にならないこと。
  • 感覚的な予測や融通がきかないので、言われた通りに動くほうが身のため。

右脳タイプ

  • 資料は、図や写真を使ってわかりやすく。カラフルなのも喜ばれる。
  • 説明は、心を込めて熱く語る!人情味を大切にするので、仕事以外の話も盛り込んで和気あいあいと。
  • 頼み事や、感謝は、素直に少し大げさなくらいに表現する。
  • 認めてもらうと自由にやらせてくれるので、なついて気に入られるとやりやすくなる。

いかがでしたでしょうか。1つのプロジェクトの中でも、脳タイプによって進め方やこだわりが違ってきます。いまの上司の傾向に合わせて関わり方を工夫してみたら、いままでよりずっとラクに仕事が進むかもしれません。

頑張っている私が認められなくて、愛想良くやっているあの子が気に入られのはなぜ?矛盾を感じた時は、上司のタイプをチェックしてみるのもいいかもしれません。

心のコツについて興味のある方は、ブログもご覧くださいね。

健康も美容もダイエットもしたい!そんなあなたは、「【必見】今どき女子は始めてる!海外セレブが愛するオシャレダイエット」を読んでみてください。

インスタ映えもばっちりのオシャレに楽しめるとっておきのビューティアイテムがあるんです!

あなたにおすすめの他の記事

Googleアドセンス



popinコード

AJAコード

Fing[テスト]

-しごと
-, , ,

Copyright© いま女子 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.