キレイ

日焼けしちゃった!どうすればいい?紫外線による肌荒れの原因と対策

投稿日:2017年6月26日 更新日:


これからの季節、やはり気になるのが紫外線ですよね。当たり前のように降り注いでいる紫外線ですが、肌のことを考えると避けたいもの。

ところが、うっかり「日焼け止め忘れちゃった!」とか、「日焼け止め塗ったのに赤くなってる!」なんてこともあります。

太陽がある限り、完全に日焼けから肌を守るというのは至難の業です。

そこで今回は、「日焼けしちゃった後」のこと。日焼けから肌荒れに発展するのを防ぐ方法についてご紹介します。

日に焼けちゃったものは仕方がありません。しっかりケアすれば肌荒れを防止することができます。

どうして日焼けするの?日焼けのメカニズム

まずは、「そもそもなぜ日焼けするの?」というメカニズムから。人間の皮膚の表皮は、

  • 角質層
  • 顆粒層
  • 有蕀層
  • 基底層

の4層構造になっています。

一番表面にある角質層が頑張って紫外線の侵入を阻みますが、それでも紫外線はその下の層に入り込んできます。

侵入してきた紫外線を、メラノサイトがメラニン色素を作って吸収し、真皮への侵入を防ぎます。これによってメラニン色素が作られ、肌が黒く見えます。

「黒くなるから嫌!メラニン嫌い!」と思っている人もいると思いますが、実はメラニンは体を紫外線から守ってくれる働きがあるんです。

また、日焼けをして火傷のようになるのは、以下のような原因があります。紫外線は

  • UVA(色素沈着)
  • UVB(赤斑作用)
  • UVC(殺菌作用)

の3つに分けられます。

このうち、UVBは一定量を超えて浴びると皮膚の組織を破壊するので、赤く腫れ上がったり、水ぶくれを起こしたりするのです。

日焼けから肌荒れしてしまう原因

日焼け後に肌が荒れてしまうことがあります。これは、その人の体質や普段の処置の仕方によっていくつか原因が考えられます。

メラニンを作ることができない体質

色白で、日に焼けると黒くならずに赤く腫れてしまう人。このタイプの人は、そもそもメラニンを多く作り出すことができない体質である可能性があります。

メラニンの元になる、メラニン前駆体が少ないため、紫外線を真皮にまで通してしまっているかもしれません。当然、皮膚へのダメージは大きいです。

真皮にまで紫外線が到達してしまっていると、それは火傷の状態と全く同じです。怪我をしたのと同じですから、適切な処置をしなければ当然肌荒れという形で残ることになります。

日焼け止めクリームをしっかり選んで

ドラッグストアへ行くとたくさん日焼け止めクリームなどが並んでいますが「どれを選んでも同じ」と思っていませんか?

実は現在販売されている日焼け止めには、「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」という二つの成分が入っており、このうち「紫外線吸収剤」は、紫外線を吸収して熱に変換してしまいます。

熱に変換されるということは、これも肌の表面にダメージを与えるので、肌の弱い人には火傷として影響が出る恐れがあります。

もし、日焼け止めクリームによって肌の具合が変化する、という場合は「紫外線吸収剤」の入っていないものを選んで使うようにしましょう。

また、「今ちょっと肌の調子が良くないから、日焼け止めを塗りたくない」なんてときがあると思いますが、ニキビがあろうと、カサカサしていようと、塗ったほうがいいです。塗らないと悪化する可能性があります。

紫外線を受けて炎症を起こしてしまうと、今以上に肌荒れしてしまう可能性が高いです。日に当たる場所に行く場合は、なるべく日焼け止めを使いましょう。

きちんと日焼け後のケアをしていなかった

日焼けから肌荒れになってしまう大きな原因は、ケア不足です。きちんとケアできていなかったから酷くなるのです。日焼けは火傷と同じです。

「日焼けしちゃったのはしょうがない」と思って諦めるのではなく、その後ひどくならないように、日焼けが軽くなるように、しっかり冷やすことが大事です。

また、焼けたあとすぐに保湿、冷却すると、後が残らず、ターンオーバーもスムーズになるため、元の肌の状態に戻りやすくなります。

日に焼けてしまったあと、諦めて日焼け止めを塗らなくなる人も多いですが、それが炎症の原因になる可能性もあります。日焼けしてしまったあとも、日焼け止めを塗るようにしましょう。

日焼けで肌荒れしてしまった!ケアの方法

日に焼けてしまった!しかも肌荒れを起こしてしまった!

私も経験がありますが、日に焼けたあと、赤く腫れてブツブツが広がりました。ヒリヒリして痛いですし、なかなか治らなくて苦労しました。

では実際に肌荒れしてしまった場合、どのようなケアをしたらよいのでしょうか。

早期対策!とにかく早く冷やせ

先程もご紹介しましたが、日に焼けてしまったらとにかく冷やすことです

ビニール袋に氷を入れて患部に当ててもいいですし、流水につけてもいいです。日焼け直後は、炎症を起こしてしまって患部が熱を持っています。

この熱を冷ますことが第一段階なので、何をさておいてもまずは冷やしましょう。

外出中で冷やせない!という場合は、濡らしたタオルなどで一時的に冷やし、帰宅してからしっかり冷やしましょう。スピード勝負です。

保湿を最優先する

患部を冷やしたら、次は保湿です。いつものケアより念入りに行います。

化粧水はいつも以上になんどもパッティングし、量もたくさん使います。乳液もたっぷり使いましょう。

美白ケアもしたくなるかもしれませんが、この段階では美白ケア用品は刺激の強い成分が含まれているのでおすすめできません。可能なら、患部をパックして潤いを閉じ込めるようにしましょう。

日焼けアフターケア専用ジェル

日焼け止めは日焼けする前に塗るのが大事ですが、日焼けしてしまった肌のためのジェルが存在するんです!
それがこれ!
イルコルポ / ミネラルボディシャインジェル

http://www.cosme.net

価格:5,500円+税
効果:『日焼けによる炎症』を集中ケア
   『日焼けあと』を残す前に根本から断つ!
   『色素沈着』をケアしてクリアなお肌に
   『ワキの黒ずみ、二の腕、ひざのザラザラ』を徹底ケア!
商品説明
27種類もの美容成分が、日焼け・黒ずみ・くすみをしっかりケア!美容成分はスキンケア美容液と同じだから顔にも使える!お風呂上りにひと塗りするだけで、今日の日焼けがなかったことに!鉱物油フリー・合成着色料フリー・アルコールフリーだから小さなお子様にもお使いいただけちゃう!

みんなの口コミ

この夏海ばかり行っていたので、 日焼けしました。 そこで取り寄せたのが、 ミネラルボディシャインジェル ダレノガレ明美さんのインスタをみてGETしました。 海が大好きで日焼けをしちゃったので、sibodyのミネラルボディシャインジェルで美白ケア 顔だけじゃなく、体も美白ケアしてます。 黒ずみや虫刺されにも効果大なので、bodyのtotal careにぴったりです。 夏の日焼けをなかったことに。 因みにモデルの美香さんも使ってるみたいです。 これは効きそうですね。 肘や膝やなど色んなところが黒ずんでいるので、 透き通るような肌になるといいと嬉しいです。 頑張って塗り込み、スキのない体を目指します。(33歳 Mさん)

日焼けあとが消えてきて感動しました。美白効果があるようです。肌質もすべすべになり肌が潤ってきました。べたつかず、スーッとする香りもよいですし、さっぱりした使用感が夏でも違和感なく使えそうです。(30歳 Tさん)

日焼け止めって1,000円代からあるので少し高くみえるかもしれませんが、日焼け後専用のジェルって今までみたことありましたか?うっかり日焼けをこれ一本でなかったことにできちゃうならちょっと買ってもいいかなって私は思いました♪これから夏がきて嫌でも日焼けしちゃうので、紫外線による肌荒れの気になる方は是非お試しください!私も試してみまーす♥
日焼け後ケアが気になる方はこちらから!

体の内側からも応援する

また、患部のケアも大事ですが、体の内側からもサポートした方が治りが早いです。ビタミンCの多い食品を選んで食べましょう。サプリメントなどで補うのも有効です。

水分が足りていない可能性もあるので、水分補給も大事です

単に水をがぶ飲みするのではなく、暖かいお茶を少しずつ飲んだり、水分の多い(豆腐など)食品を摂取するようにしましょう。

日頃から日焼けによる肌荒れを防止するための3つの対策

以上が基本的なケアですが、ここからさらに「日焼けしちゃった後に、肌荒れを起こさないための日常の対策」をご紹介します。

紫外線の多い季節は刺激の強い化粧品を使用しない

屋内にいても日焼けしちゃうことがあるので、我々はおそらく知らない間に日焼けしています。念入りに対策していたとしても、完璧ではありません。

ということは、紫外線の多い季節(4月~10月)は、基本的に常に日焼けしている状態なのではないでしょうか。

知らぬ間に日焼けをし、「黒くなってないからまあいいや」と放置して、ろくにケアもできていないのでは、肌荒れを起こしても文句は言えません。

「やけに乾燥する」とか「ぽろぽろ皮がむけてきた」「かゆみがある」というのは、日焼けが原因かも。ということで、この季節はとくに「肌に刺激を与えない基礎化粧品」を使用することをおすすめします。

成分はシンプルで肌に負担のかからないやつがおすすめです。できれば化粧水なども、「これくらいでいいや」より多めに使用するように心がけましょう。

外出先でもこまめな保湿と日焼け止め

朝だけ保湿と日焼け止め、帰宅するまでそのまま。化粧直しはファンデーションだけ。これでは、日焼け対策は万全ではありません。

日焼けでダメージを受けた肌に、汗で溶けたファンデーションがこびりついている状態は、乾燥を加速させます。そのため、外出先でも保湿と日焼け止めはセットで考えましょう。

おすすめは、化粧を直すときに、スプレーボトルに入れた化粧水のミストをふりかけ、さらにスプレータイプの日焼け止めをかけます(髪の毛や腕、足にも塗布します)。このふたつは、セットです。

日焼け止めを塗るのがめんどうなあなたに!飲む日焼け止め!

日焼け止めって肌に合わなかったりするしべたつくからどうしても塗りたくないという人いると思います!そんな方におすすめしたいのが飲む日焼け止めサプリ!
ホワイトヴェール

http://hiyakecare.com

価格:初回980円(送料無料) 
商品紹介
サプリメントだからできる内側からの透明感!7大栄養素ファイトケミカルが健康的で透明感あふれる肌にしてくれます!過去に蓄積されたトラブルともおさらばできるサプリメントです!

ホワイトヴェール(海外セレブ)

週末フェイスパックの習慣を

やはり一番肌荒れを起こして困るのが顔だと思いますが、できれば週末に1回くらいはフェイスパックをする習慣を身につけましょう

フェイスパックで皮膚の水分量は確実に上がりますし、潤いを取り戻した皮膚の再生能力も上がります。とくに20歳以上の女性は、この時期、定期的にフェイスパック(高価なものである必要はない)を使用した方がいいでしょう。

ただし、「毎日だと皮膚によくない」と言っている人もいるので、週末に1回するくらいで効果は十分得られます。

おわりに

日焼けは怖いです。子供の頃は、真っ黒に日焼けしてもそれが健康的と言われましたが、最近は「紫外線の浴びすぎでガンになる」と言われているのを聞いて、ビビっています。考えてみれば、顔にできてしまったシミも、昔の日焼けが原因かも。

なんにせよ、早く対策すればひどくならない、というのが日焼けによる肌荒れなので、正しい知識を身につけて、しっかり対処すれば案外平気なものです。

肌が弱い、という人も、今までなんともなかった、という人も、対策しておいて損はありませんので、この夏からしっかり紫外線対策をしていきましょう。

まとめ

  • 日焼けで黒くなるのはメラニンが肌を守っているから
  • 日焼けは「火傷」しっかりケアしないと肌荒れになる
  • 日焼け肌荒れのケアは「早く冷やす」「保湿」が基本
  • 日頃から日焼け止めと保湿を心がけて対策をする

健康も美容もダイエットもしたい!そんなあなたは、「【必見】今どき女子は始めてる!海外セレブが愛するオシャレダイエット」を読んでみてください。

インスタ映えもばっちりのオシャレに楽しめるとっておきのビューティアイテムがあるんです!

あなたにおすすめの他の記事

Googleアドセンス



popinコード

AJAコード

Fing[テスト]

-キレイ
-, ,

Copyright© いま女子 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.