しごと

アラサー女性の転職で問題になるポイントは?面接官が見るのはココ!

投稿日:2017年6月1日 更新日:


転職は昔よりも年齢がいっていても一般的に行われるものに変化をしてきています。しかし安易な考えでは30代にもなるとやはり厳しい物。その人の年齢にふさわしい経験や振る舞いが求められるものです。ではアラサー女性が転職を成功させるにはどのような点に注意をすべきなのでしょうか。

志望動機をよく考える

shutterstock_172060496

 

では実際に面接官が見てくるポイントはどのようなものでしょうか。転職に不可欠なものといえば履歴書ですが、履歴書には必ず志望動機の記入欄がありますし、面接でもまず聞かれるでしょう。

そこで志望動機を聞かれた時に「前の仕事が辛かった」などと本音を言ってはいけません。女性でもキャリアアップ目的の転職をする人もいますが、楽な仕事に就きたいと考える人も一方ではいます。

そのような考えを面接官は持っていることもあるので、その問題に対処をするためにはその会社で自分が何をしたいいか、どうやって貢献するのかをきちんと言えるようにしておきましょう。

すぐに結婚退職や産休をしないかを見られる

shutterstock_147978782

 

面接官も女性の年齢は必ず気にします。女性も30歳近くになると結婚や出産について真剣に考える人も多いでしょう。

転職をする際に、会社側も採用をするからには長くその会社で働いて欲しいと思っているもの。結婚や出産の予定があっても隠すようなことはせずにきちんと話しましょう。めでたいことですから隠す必要はありません。

それよりも結婚や出産を隠し、採用されてからすぐに寿退社をしたり産休を欲しいという方が会社に迷惑がかかります。転職エージェントを利用していたらエージェントに対する問題にもなります。先の予定はしっかりと打ち明けましょう。

年にふさわしい服装をしているかを見られる

女性の転職に限ったことではありませんが、アラサーともなると会社では後輩もできてくる年齢と見られます。

社会人のとしての常識は服装からまず見られるものですし、女性の場合は化粧も見られるポイントでしょう。面接においては出過ぎない化粧をしていたり、服装もミニスカートや胸元が開いているといったものは、まず間違いなくNGといえます。

相手に不快感を与えないもの、好印象をあたえること、TOP似合った服装ができるかは非常に重要です。
服装に関しては友人や先輩に問題がないかどうかチェックしてもらい、年齢にふさわしい格好ができるようにしておきましょう。

社会人のしての立ち振舞をチェックされる

shutterstock_141069796

 

最後にもっとも重要なのはビジネスマナーや一般常識を含めた社会人に相応しい立ち振舞ができるかどうかです。

転職においても一番それが問題視されるでしょう。社会人になって5~6年たっても新人気分でいるようでは会社ではとても使い物になりません。

女性だからといってビジネスマナーにかけていても許される、という甘い考えでは通用しないでしょう。敬語や普段の身のこなし、手紙やメールの作法など特別なことではなく当然身に付けているものとして見られます。

転職に臨む前に一度マナー教室などに行って、自分が年齢相応の立ち振舞ができるかをチェックしておくと良いでしょう。

おわりに

女性の転職に関する問題点は男性よりも複雑です。男性の場合は年齢が30歳でも結婚して辞める人はまずいないでしょうし、出産を機に何か変化が起こるということも少ないので、会社としても雇いやすいです。

しかし女性の場合はそうは行きません。会社も未だに色眼鏡で見てくることもあるので、それを跳ね返すためには、強く自意識を高く持って転職に臨む必要があるでしょう。

ただしあまりに強く自分が、自分がというのも協調性がないと見られやすくなります。会社の中の潤滑油として周囲と協調してやっていくことができて、さらに自分ならば会社にこういった貢献ができるという点を明確に面接で話していきましょう。とはいえ、自分ひとりでは面接の練習や面接に進めるような応募書類を作成することもままならない方も多いです。そういう方は無料の転職エージェントにお世話になることをオススメします。

そうすれば転職を成功させることもきっと難しくないはずです。



-しごと
-,

Copyright© いま女子 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.