しごと

失敗しない【転職法】をご紹介!気をつけておくべきポイントや心構えとは

投稿日:2017年5月31日 更新日:


新しい環境に向かって、これまで以上を求める“転職”。今までの自分を見直すきっかけでもあり、自分への挑戦でもあります。どんな転職であれ、様々な変化を体験することになります。

チャレンジという意味での転職の場合も、またはもっと良い環境を求めての転職の場合も、“転職しなければ良かった”という後悔はしたくないものです。

そこで今回は“失敗しない転職法”ということで、転職に際し、気をつけておきたいポイントやどのようなマインドが必要かをご紹介したいと思います。

目的をはっきりさせること

shutterstock_385430380

転職する、と心に決めたとき、必ずそこには理由があります。「ほかに自分のやりたい仕事がある」だとか、「ライフスタイルの変化」。もしくは「今の会社が自分に合わない」などです。

では、転職したからと言って、すべての希望に叶う企業と巡り会えるのでしょうか。残念ながら、100%希望通り、という企業に転職できることは、まずありません。

良い会社だけど通勤時間が長いとか、やりたい仕事ではあるけれど給料が低い。賃金や就業場所はちょうどいいけど、仕事内容に不安を感じる。

そこで、転職で気をつけたいのは、様々な自分の希望の中からひとつを絞り、「何を優先させるか」をはっきりさせることです。転職する”目的”が決まったら、オススメの転職サイトを見てみましょう。

目的は絞って攻める

転職の目的が、たとえば「賃金アップ」だとします。収入が増えることを目的とした場合、業務内容に多少の不安があっても、我慢しなければいけないかもしれません。また、「好きな仕事をしたい」ということでの転職であれば、収入が下がっても文句は言えません。

新卒の就職でも転職でも、これらは基本的なテーマなのですが、実際に転職してみて「想像していたのと違う、前の職場の方が良かった」と言って辞めていく人は多いです。

“何と比べるのか”は人それぞれではありますが、今のところ、自分の好きな仕事が好きなようにできて、満足のいく収入を得られて、通勤時間も短くて…みたいな理想的な仕事は、なかなかないでしょう。

自分の中にある希望から、“優先すべきもの”を厳選して前に出していかなければ、どれだけ転職しても納得できませんし、すべてが失敗となるでしょう。

自分の欲求より相手の希望に合わせる

自分のしたい仕事をする、ということはとても大事です。夢があって、そこに向かって進むことは人間としての成長に繋がります。

ただ、ひとつ注意したいのは「自分の好きなこと」と「自分の得意なこと」は違う場合がある、ということです。仕事に就く、ということを考えた場合、どちらを優先すべきでしょうか。

得意なことを仕事にして

shutterstock_126010265

Aさんは料理が得意です。Aさんが作る料理を、みんな喜んで食べます。でも、Aさんが好きなのは車の運転です。いつかタクシードライバーになりたいと思っています。ところが、あまり運転は上手ではありません。

Aさんは就職するとき、当然タクシー会社を受けますが、運転が下手なので就職できません。周囲の人は、「あなたは料理を仕事にした方がいい」とアドバイスしますが、Aさんは耳を貸しません。

…という感じの話を、いろんなところで耳にします。まさに「好きなことと得意なことが違う」の典型的な例です。

もちろん、好きな仕事につくことにこだわっていくことは大事なことかもしれません。好きでなければ仕事も続かないからです。ただ、仕事というのは、ある意味で「お金を得るための行為」です。そこは自分の好みや趣味嗜好と切り離していかなければなりません。

転職に関しても、これまで以上を望む気持ちがあると思いますが、自分のやりたいことよりも“人から求められること”を仕事として利用していく姿勢が大事です。また、“長く続ける”ということを考えた場合にも、得意なことを生かしたほうが失敗が少ないものです。

目標設定を高くしすぎない

shutterstock_383935960-%e6%9b%b4

転職=スキルアップ、ということで、今までできたこと以上に、今後も学ぶ意欲がある人がいます。ただ、そのスキルアップの目標設定に失敗して、挫折する人も少なくありません。

大学で学んだ語学力を生かして、海外出張の多い仕事についたはいいものの、海外企業との取引の際に、契約書を読んでも理解することができず、お先真っ暗になって辞めた、などという話はちらほら聞きます。

前職で培った経験やプライドがあるとは思いますが、“自分ならできると思い込んで”飛び込んでみたらダメだった!みたいなことも、よくあるようです。

今できることを生かして

これからやってみたいことや、「自分ならあそこまで行けるんじゃないか」という目標を立てることは大事ですし、それがなければスキルアップは難しいでしょう。

でも、それらの目標設定は、自分の今のスキルに見合ったものでなければなりません。転職したからといって、それらがすべてうまくいくわけではありません。

たとえば「B工業に就職すれば、重機取り扱いの免許を取らせてもらえるらしい」みたいなことがあります。社員は重機の免許を取るシステムになっている会社です。

しかし、それは「就職したから絶対免許がもらえる」ではなく「入社したら免許を取れるように努力しなければならない」の意味です。

それなのに、いざ入社してみたものの、いつまでも免許を取得することができず、何度も不合格になり「約束と違うじゃないですか!」と文句を言う人が後を立ちません。

自分の今のスキルを超えたものが、転職によってできるようになる錯覚を持ってしまう、ということが問題です。

スキルアップを目指す場合、まず今できることを再確認し、そこから一歩ずつ階段を上がっていくイメージでなければ、挫折のくりかえしとなる可能性があります。

そのためにも「今自分は何ができるのか」をよく知っている、ということが大事です。できないことを、できると思い込んでいる人もいるので注意が必要です。

スキルの洗い出しが終わったら、オススメの転職サービスを見てみましょう。

ダメだと思ったら即行動

shutterstock_403515793

「ここだ!」と思って転職してみたものの、想像していたのと違う…ということは珍しくありません。そんなとき、我慢してとりあえず1年は続けてみようと思いますか?それとも、すぐに違う仕事への転職を決意しますか?

実際、その企業に就職してみなければどんな仕事かわかりません。面接や説明を受けただけでは、中身までは見えないからです。

ホワイトに見えて、内情はブラックだった、ということも珍しくなく、ブラックだった場合、早く辞めなければどんどん辞められなくなってしまいます。

誰のために・何のために仕事をしているのか

どんな仕事についても忘れてはならないのが「自分のために仕事をしている」ということです。お金をもらうためでもありますし、自分のスキルを向上させるための仕事かもしれません。

しかし、ブラックな企業ほど、「企業のために働くこと」を強要します。さらに、社内に意見できない雰囲気や、辞められない雰囲気を作り出します。そして、社員を奴隷のように扱い、安い賃金でそれ以上の働きをするように促します。

世の中、ブラックな企業ばかりではありませんが、転職するということは前職の経験がありますから、新しく入社した企業の雰囲気がおかしい…ということを、外部の目線で客観的に見ることができます。つまり「ブラックかどうか判定しやすい立場」にあります。

転職先がブラックだった…ということは少なくないので、このような事実に気がついた場合は、「1年頑張ってみよう」など悠長なことを考えず、即行動しましょう。転職活動するなら、みんなが使いたいNo.1の転職エージェントがおすすめです。

転職を繰り返す人になりたくない

よく転職を繰り返している人がいて、「定職に就けない人」みたいに言われることがあります。確かに、転職ばかりしている人であれば問題ですが、自分の希望に見合った仕事をとことん探す、という意味では、いろいろ試してみるのは大事です。

とくに転職は「お試し期間」みたいなのがありませんから、やはり就職してみないとわからないのが現実です。

就職してみたものの、やっぱりなんか違うんだよな…でも、折角内定くれたのに申し訳ないな…と思ったとしても、ここはワガママになるべき場面です。

転職してみなければ得られなかった経験ですから、これをひとつの収穫として、違う企業へさらなる転職を考えることは、“自分のため”です。

ブランクを空けてはいけない

shutterstock_133714505

転職を決めたとき「今の仕事を辞めて、ちょっとゆっくりしたいな」とか、「ちょっとじっくり転職活動しようと思ってる」という人がいますが、転職で失敗したくない場合は、すぐに転職先を決めたほうがいいです。

というのも、自分のちょっとした休み…ということで何もスケジュールを入れない、本当の休みを設けてしまうことで、一時的にですが社会との繋がりを失ってしまいます。

「仕事を辞めて、1年間語学留学する」などという目標を持ったブランクであればいいのですが、「ちょっと休もう」という考えは危険です。

企業も「ブランクあり」の転職者が不利と回答

採用する企業側としても、前職からブランクがない人を採用する傾向があると言います。理由としては、即戦力であったり、ブランクがあると技術の遅れが生じる、など。

できれば、在職中に転職先の内定をもらっておくことが一番スムーズ。有給休暇などを利用しつつ、最後の2ヶ月ほどで追い込みをかける人も少なくありません。

給料も途絶えることなくもらえますし、仕事は筋力と同じく、毎日の積み重ねやトレーニングによって“使い物になる”ものです。企業から「この人は使える人材だ」と思ってもらうためにも、ブランクを空けない転職を心がけましょう。

まずは転職を決めたら転職サイトに登録することをおすすめします。



-しごと
-, ,

Copyright© いま女子 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.