しごと

30代女性は賢く転職!転職活動前にまず考えるべきことって?

投稿日:2017年5月30日 更新日:


みなさんは今の仕事の給与、人間関係、職種に満足していますか。他の会社や職種への転職って考えたことあるでしょうか。つらくても頑張って、ムカついても我慢して「もう無理!」限界がきてからの転職活動。不安になることのひとつが「給与」ではないでしょうか。長年勤めていた会社よりも年収が下がってしまうかもしれない。派遣で働こうとしても、時給の高い仕事はきっとハードな職場に違いない。そんなことを考え始めたら、やっぱりこのまま我慢して、いまの職場にいようかしら。この繰り返しでモヤモヤしたことってみなさんはありませんか。転職したい気持ちがある方は、転職支援サービス(無料)に申込みすることをオススメします。

給与=自分の能力?

shutterstock_149651276

【給与=自分の能力】だと思っていた私は、安い給与でも「自分の能力はこの程度だから仕方がない。仕事があるだけ恵まれている」と思っていました。なので、いつも仕事に不満を持ちながらもダラダラと続けていたんです。

でも途中から引越がきっかけで、バイト・派遣社員・正社員と経験を重ねて、たくさんの仕事と職場を経験しながら気づいたことがあるんです。それは、給与と仕事のハードさは比例しないということ。【給与=自分が思う自分の価値】でしかなかったのです。

「辞めたいけど、次の仕事がないかもしれない。収入が減ってしまうかもしれない。」
そんな不安を抱えて、私のところにご相談に来るお客さまにいつもお伝えしていることがあります。

本名でなくてもいいので、転職支援サイトに登録してみてください。できるだけわがままな条件で!

ネットの転職サイトには山ほどの求人情報があります。探せば、今よりいい条件の会社も見つかる可能性だってあるんです。でも、探す前から「見つからないかも」という理由だけで動かない方がたくさんいらっしいます。それと、もうひとつの理由は「辞められないかもしれないから」。辞めることが確定しないと、転職活動してはいけないと心のどこかで思っちゃうんですよね。みなさん、とっても真面目で真摯なんです。

今の職場には秘密にして、こっそり転職活動をしてみることは自由なんです。ラッキーなことに、次の職場が見つかったら今の会社に辞表を提出してもいいですし、良さそうな転職先がなかったら、そのまま何もなかったかのように今の会社で続けてもいいんです。転職したい気持ちがある方は、転職支援サービス(無料)に申込みすることをオススメします。

他の職種にはいけない?

shutterstock_361330145

転職活動をしてみると「自分が思う以上に、世の中には仕事はたくさんある」ということが見えてきます。今までやってきたことしかできない、と自分では思っていても「未経験歓迎」のお仕事だってたくさんあることがわかります。

以前「次は事務職をやりたいけど、ずっとSEをやっていたので私では無理」という方がいらっしゃいました。SEや営業、医療、建築など、専門職についていた方は、他の職種にはいけないと思いがちですが、高い専門性があるほど他の分野では歓迎されることもあります。

SEの方は転職して事務職につきましたが、PC操作はおてのものですし、気づけば前の職場で事務的な仕事まで自分でこなしていたこたので、初めての業種でもしっかり活躍されていましたよ。

いいなと思う仕事があっても「経験者優遇」なんて条件を見るとひるんでしまう方も多いですが、あくまでも「優遇」であって、希望することはいくらでもできます。もしかしたら、今までの経歴のほうが歓迎されることだってあるんですよ。転職したい気持ちがある方は、転職支援サービス(無料)に申込みすることをオススメします。

希望条件のハードルを低くする?

shutterstock_451360264

給与や時給については、もし時給1,000円以上で会社を探したら、10社見つかるかもしれません。でも、時給1,500円以上で探すと2社しか見つからないかもしれません。

この時給の差ってなんだと思いますか?

仕事のハードさや要求する人材のスペックだけではないんです。会社の経営状況や、人件費にどれだけお金をかけているか、という意味でもあるんですよ。

自分の希望条件のハードルを少しでも低くすれば、たくさんの会社が視野に入るような気がします。でも最終的に【自分が勤められるのは1社だけ】ですよね。カラダはひとつしかありませんから。

そう思うと、妥協した条件の中からなんとなく選んだ1社よりも、高望みした条件から選んだ1社で働いたほうが満足感が高いと思いませんか。

それでも「もし入社できても、そのあと会社に見捨てられるかも」と言う声が聞こえてきそうです。でも考えてみてください。いまの会社の人たち、みんな同じだけ仕事ができる人たちでしょうか。それぞれ得意分野があったり、同じお給料でも人によって意欲も実力も全然違いますよね。

【給与=能力】だけではないんですよ。もし、条件のいい会社に入れたとしたら、それは「会社があなたに可能性を見た」ので、そのままのあなたが入社してくれたら十分なんです

いい条件で入社した責任を追わなくては!と必死に働いたら、また転職したくなってしまうかもしれません。ここからはまた自己価値の話になってしまうので、今回はこのへんで。
興味のある方は、個別セッションもご利用くださいね。転職したい気持ちがある方は、転職支援サイト(無料)に申込みすることをオススメします。

-しごと
-, ,

Copyright© いま女子 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.