ラブ

必要なのは覚悟と勢い?30歳になって婚活する心得。

投稿日:2017年9月8日 更新日:


30歳になってから婚活…もちろんそれは遅くないです。ところが、20代で結婚相手を見つけるのと、30代で結婚相手を見つけるのとでは、数字の上では難易度が上がるのが現実です。

人によっては、30代になってから探すまでもなくすぐに相手が見つかる場合もありますし、いくら探しても全く見つからない場合もあります。

「20代のうちに結婚しておけば…」なんて“もしも”の話はしたくありませんが、おそらく20代のうちに行動していた方が見つけやすかったのでしょう。

今回は、30代の結婚したい独身女性に向けて「実際に30代になってから結婚相手を見つけられた人の共通点」を探りながら、どうすれば30代婚活を成功させることができるのか考えてみましょう。

外見が良い女はいくつになってもモテる

以前、婚活のコンサルをやっている人が「30代後半になってから結婚できる人は、美女限定。20代のうちにそこそこモテてた美人しか売れない。ブスは諦めろ」と言っていました。

すべての人が該当するわけではありませんが、現在の婚活市場での現実が集約された言葉です。

結婚したいのかしたくないのか早く決めること

残念ながら、女性には出産できる年齢には限界があります。35歳を過ぎてからの初産は高齢出産になってしまい、母体にも、子供にも負担がかかります。リスクも高くなります。

男性も結婚相手を選ぶとき「なるべく若い女性の方がいい」と考えてしまうのは、やはり子孫を残していくことを考えたらフレッシュな人材を採用すべきだからでしょう。

そのため、男性は「若い女性」or「若く見える女性」を探しています。このどちらにも該当しない場合は、結婚が難しくなります。

もし、まだ30歳になったばかり!という人は「まだもうちょっと遊んでいたい、きっと40歳になってから結婚して出産しても大丈夫」とか「そのうち自然と好きな人ができる」と余裕をかましていては遅いです。

少なくとも「結婚するのか、しないのか」は早く決断しておくべきです。よほど美人で、外見に自信のある人以外は、今わずかに残っている“若さ”を武器にしていくしかないからです。

期待を捨てた女から結婚していく

自分が待ち望んでいた条件ぴったりの人が現れるんじゃないか?そういう期待は誰しもありますが、結婚相手に関しては「ここであったが百年目」という言葉こそぴったりです。

嫌いじゃなければ観念する

本当に好きになった人と愛し合って結婚する。そんな夢みたいなこと、あればいいですよね。でも、ほとんどの人が無理です。幸せそうに結婚式をしているカップルがいますが、3組に1組は離婚します。これが現実です。

結婚相手を選ぶとき、「悪い人じゃないし、話も合うんだけど…恋愛感情がわかない」とか、「顔は悪くないんだけど、ドキドキしない」とか、そういうことをお互いに考えていると、まず一生結婚なんて無理です。

結婚相手を選ぶ条件で一番大事なのが「一緒にいて嫌悪感がない人」です。

たとえば「体臭がすごいから一緒にいたくない」とか「喋り方が生理的に無理」などはダメですが、「それほど癖はないみたいだし、嫌ではない」これさえクリアすればOKです。

どんなに好きになった人であっても、結婚して一緒に生活していくうちに嫌な部分は見えてきますし、パーフェクトな条件の人は存在しません。

「ここであったが百年目」(ここがおしまいの時だ、観念しろ!という意味)好きかどうかは置いておいて、一緒にいて嫌じゃないんだから「結婚してみる?」という感じのノリで決めてみましょう。

「もっとほかにいい人がいるはず!」という期待は捨てることです。

“失敗”を恐れないこと

折角結婚したのに離婚する人は多いですが、「離婚=失敗」と思っている人も多いです。しかし、どうでしょう。結婚して、子供を出産して離婚してシングルマザーになることは、ある意味では勝ち組なのではないでしょうか。

また、死ぬまでに1回結婚しておけば、両親や親戚は文句を言わなくなるのではないでしょうか。

車を購入するときには“試乗”がありますが、結婚には試乗はないので、「結婚してみたけどやっぱりダメだった」というのも、あっていいのではないでしょうか。

離婚しないためには結婚しない選択しかない

離婚(失敗)を絶対にしないためには、「結婚しない」という選択しかありません。どんなにいい人を見つけたとしても、離婚のリスクはゼロではないからです。

絶対に離婚したくない人は結婚に向いていないと言えるでしょう。

離婚するために結婚する人はいませんが、この際「離婚してもいいから1回誰かと結婚してみる」という感覚で結婚してみてはいかがでしょうか。

1回結婚したら一生安泰、ということは絶対にありあえません。常にリスクはつきまといます。必要なのは“覚悟”です。

お金は自分で稼ぐことにする

「年収〇〇万円以上の人がいい」と思っている人もいますが、確かに男性はお金持ちであれば魅力的です。多少問題があっても、お金のためなら我慢してやろうという気持ちになりますし、実際、お金持ちの男性を見ると女性は性的な感覚を覚えるのだそうです。

しかし、高年収の人はひと握りしかいませんし、彼らにも女性を選ぶ権利があります

この際、結婚にお金を求めるのをやめて、自分の分は自分で稼ぐと心に決めてみてはいかがでしょうか。低収入な男性を選んで、頑張って稼ぐと決めた女性は、30代でも早い段階で結婚を決めています。

結婚後の生活も割り勘で

最近「デート費用は割り勘か否か」みたいな論争を度々目にします。女性も当たり前のようの働くようになり、男性の年収も減っている中で、もし相手の男性が同じくらいの年収であれば当然デート代は割り勘になります。

このように、「男性にお金を期待しない姿勢」も重要です。とくに30代女性ともなれば、低いなりにも収入はあるでしょうし、それなりに昇進できている人は、一般的な年収の男性よりも稼いでいる可能性があります。

もう“結婚後には専業主婦になる”という時代は終わったのですから、お金は自分で頑張って稼ぐことにして、男性選びに年収は気にしない方が可能性は広がるはずです。

子供を持つことを諦めると余裕が生まれる

焦ると結婚が遠ざかる、というのは、どうやら本当です。焦っている様子は周囲に伝わり、ゆとりのない人は見ていても気分がよくないものです。

そこで、もう30代ということもありますから「出産は諦める」と声に出して言ってみましょう。もしくは「今の仕事を辞めてもいい」でもいいです。

抱えているたくさんの荷物をいくつか下ろすことで、気が楽になり、楽観的になれます。

“〇〇しなければならない”という呪縛から逃れることができた女性は結婚しています。身軽になり、自分がもっと自由な選択権を持っていることに気がつきましょう。

30代独身女は荷物が多すぎる

いざ引越し!となったとき、大切な財産がたくさんあると思いますが、それが多すぎて引越し作業が大変!ということがあります。新しい家には入らない!というものも、中にはありますよね。

30代独身女性で、結婚を焦っている人は、「今もっている荷物を全部抱えて引越ししようとしている人」に似ています。あれもこれも全部大事で捨てられない!と欲張りになっているのです。

そこで、今持っている荷物をよく見て、これから持っていかなければいけないものを厳選することが大事になります。ベッドは必要?床に布団でもいいんじゃない?扇風機は2つもいらないんじゃない?など。

「結婚しなければ。仕事も続けなければ。子供も産んで育てなければ」これらをすべて叶えることは、無理かもしれません。30代に突入すると、何かを捨てなければならない可能性が高くなります

たくさん持ちすぎた荷物を整理して、身軽になると、今まで視野が狭かったことに気がつきます。あれもこれも、と自分を自分で縛っていたことに気が付くでしょう。

人生は80年と言われています。30代は、まだその前半部分ですが、多くの決断を迫られます。

「自分に与えられた残りの50年をどう使うか」そう考えると、次のステージに持っていかなければならない荷物がどれなのか、自然に選択できるのではないでしょうか。



おわりに

30代になってからでも、40代になってからでも、結婚できる人はします。また、何度も離婚して、何度も結婚している人がいますが、結婚に必要なのは「覚悟と勢い」です。慎重な人ほど結婚できません。

結婚後にどうなるかは、ハッキリ言って「結婚してみなければわからない」のが真実です。そのため、30代になって慎重さに磨きが掛かってくると結婚に踏み出せなくなります。

逆に「覚悟と勢い」を持っている人であれば、年齢関係なく結婚します。

「年を重ねた分だけ結婚が難しくなる」そんな言葉の呪いに囚われないでください。「人生なんて博打だ!」と、えいやっ!と結婚してみると、案外幸せになれるものです。

まとめ

  • 外見に自信がなければ早く「結婚するかしないか」を決める
  • 結婚や男性への期待を捨てる
  • 離婚を恐れない
  • お金は自分で稼ぐ
  • 何かを諦めて余裕を持つ

健康も美容もダイエットもしたい!そんなあなたは、「【必見】今どき女子は始めてる!海外セレブが愛するオシャレダイエット」を読んでみてください。

インスタ映えもばっちりのオシャレに楽しめるとっておきのビューティアイテムがあるんです!

あなたにおすすめの他の記事



-ラブ
-, ,

Copyright© いま女子 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.