ラブ

ホテル代は割り勘?イチャイチャ後の現実どちらが払う?

投稿日:2017年1月23日 更新日:


彼氏、不倫、セフレ。 どのような関係性でも、デートの最後にイチャイチャしたいと、二人きりになれる「ホテル」に行くことはあることでしょう。
でもそこには最終的な現実、ホテル代の支払いが待っていますよね。この支払どうしていますか?割り勘ですか?
このホテル代の支払いの時になると、ふと現実に戻って、どっちが払うかお互いに財布を出し合う姿が想像できます。
どうすることが正解なのでしょうか。

あわせて読みたい

相手男性の立場で考える

あなたがイチャイチャした相手男性は、年上?年下?その人の職業や立場はどういった人か知っていますか?

男性には少なからず「プライド」が存在することをほとんどの女性は理解していますよね。そのプライドが男性にとって、どういった形で現れるかは人それぞれ。
「女性にお金を支払わせたくない」という、昔ながらの考えを持っている男性は結構いるもので、女性側が財布を出す行為、またはワリカンを嫌う人もいることを知っておく必要があるかもしれません。
男性の立場、性格を把握しているのであれば、プライドの高い男性なのかを見極め済みでしょう。そして、そうした男性にとって、女性が支払うという行為はホテル代に関わらず、食事や交通費でさえ屈辱的に感じて機嫌が悪くなることもあるのです。

会計の時に「良かれと思って・・」「私も楽しんだから・・」という気遣いから財布を広げてしまうこともあるでしょうが、こうした男性には逆効果!「男性を立てる」という面では、イチャイチャに関してもラブホの支払いに関しても、すべてを任せるといった形も立て方なのです。パートナーの本音としては遠慮とか配慮とか、この際全部取っ払って欲しいのです!
「ありがとう」「楽しかった」というその一言で、男性は気持ちよく支払いを済ませてくれます。これからも一緒にいたい恋愛相手として、いち社会人として最低限の価値観は理解しておきましょう。
※「ごちそうさま」は、変な意味といやらしさが出てしまうので、これは避けましょうね!!

あわせて読みたい


年下だったらどうする?!

相手の男性が年下であった場合や、内情を知っていて財布の中身が少ないことを知っていた時、意外とこれが厄介な状態になるのが目に見えますね。
男性の立場を考えると、男性が払うことが一番の理想的であって、女性もそうしてもらうことで男らしさを感じることが出来るでしょう。しかし、金銭的に自分の方の収入が上で、男性の財布事情が厳しいことを分かっているのであれば、女性側が支払うといったことも現実的にあり得ます。
ここでは相手への気遣いの言葉が大切な場面!

「楽しませてもらったからせめて支払いは私にさせて!」「またイチャイチャする時にはお願いね☆」といった甘えの表現を交えながら、相手を傷つけないように支払いしてあげることも有りでしょう。
男性は少なからず女性に支払ってもらうことに後ろめたさがあったり、自分の情けなさを感じてしまったりと、頭の中では「申し訳ないな」という感情が生まれています。
それをいかにカバーしながら現実を流していくか!そこがポイントです。
そして女性側が支払う時には、男性にあえて先に部屋から出て行ってもらっておいたり、割勘などの話をせずにトイレに入っている間に済ませるといったことも出来ると、「大人な女性」「出来る女」というイメージを持たれることでしょう。

あわせて読みたい

 

まとめ

ラブホでイチャイチャしている時には全く考えていないのに、部屋から出る時にこうしたお金の支払いという現実に直面することは免れないことです。
その場をいかにスムーズに回避することが出来るのか、そしてどうすることが女性として正しいのか、男性の立場や状況によっても変わってきます。

でも、最初からずっと女性だけが払うといったような関係はご注意を!
それが当たり前になってしまうと、イチャイチャ出来る空間を利用して何度も行きたがり、女性だけが現実と向き合うなんてことになりかねないですからね。
イチャイチャの先に現実が待っているなんて考えたくはないとは思いますが、「イチャイチャ代」「幸せ代」として受け入れましょうね。

健康も美容もダイエットもしたい!そんなあなたは、「【必見】今どき女子は始めてる!海外セレブが愛するオシャレダイエット」を読んでみてください。

インスタ映えもばっちりのオシャレに楽しめるとっておきのビューティアイテムがあるんです!

あなたにおすすめの他の記事

Googleアドセンス



popinコード

AJAコード

Fing[テスト]

-ラブ
-, , , ,

Copyright© いま女子 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.