キレイ

肌荒れの症状って?肌荒れの原因&対策を徹底解説!

投稿日:2017年2月17日 更新日:


肌がカサカサになったり、吹き出物が出来てしまうとせっかくのメイクも上手く乗らず気持ちが落ちてしまうことありませんか?

肌荒れが習慣化してしまうと、ケアしてもなかなか症状が改善しない事もありますよね。

また、間違ったケアで症状を悪化させてしまう人もいるみたい!

自分の肌荒れの症状や、原因をしっかりと追究して肌にあった解決方法を探していきましょう。

肌荒れが気になるアナタにオススメ▼
【即効性】コンビニでも買える!「美容ドリンク」ランキング

肌荒れ症状とはどのような事を指すの?

そもそも「肌荒れ」とはどのような症状を指すのでしょうか?

肌荒れは、普段自分が触っている皮膚の感覚よりもカサカサな感じがしたり、吹き出物が出来ている状態。

毛穴の開きや、たるみも肌荒れの1つと言われています。

後で詳しくお話しますが、肌荒れはストレスや、不規則な生活などで症状が強く現れる事があります。

人により原因が違うので、肌荒れの原因がどこにあるのかを探ることが改善への第一歩です。

肌荒れと呼ばれている症状

ニキビ・吹き出物

ニキビや吹き出物は毛穴に汚れや皮脂がたまり細菌が増える事で炎症を起こしている状態を指します。

油っぽい食事が続いたり、ビタミン不足、寝不足などで体にストレスがたまると出てくることが多いと言われています。

肌のかさつき

お肌がカサカサしているのも肌荒れ症状の1つ。

肌のかさつきは、顔の皮膚の水分の量が一定以下になることでおこります。

かさつきが進むと口の周りや、目の周りなどが粉ふき芋のように皮膚が浮いてきてしまう事もあります。

食生活や、寝る前の保湿を怠る、乾燥している空気の中にいる事が原因。

空気が乾燥する冬だけが肌が乾燥する時期ではなく、夏につけるエアコンの風でもお肌はどんどん乾燥していることをお忘れなく。

肌の赤み

顔の皮膚が赤くなってしまうという症状も肌荒れの仲間に入ります。

頬の上がりが赤くなり、俗に言う「赤ら顔」と呼ばれる症状が続くことを指します。

肌の赤みは毛細血管の拡張が原因です。

肌の皮膚は他の部分と比べて薄いので、毛細血管が皮膚から透けて見えるために頬が赤くなってしまうのです。

アルコールや、ホルモンバランスの崩れで毛細血管が開きやすくなり、肌の赤みを引き起こします。

肌のかぶれ

顔の皮膚がかぶれてしまう症状も肌荒れです。

顔がいきなりかぶれるということはありませんが、金属アレルギーを解らずにネックレスをつけっぱなしにして首がかぶれ、それが飛び火するように顔に移ってしまう事もあるようです。

肌のかぶれは、主にアレルギーが原因。

金属アレルギーだけではなく、自分に合わない食べ物を知らずに食べていることで皮膚のかぶれを引き起こします。

肌荒れを引き起こさないためにできること

間違ったスキンケアを改善

肌荒れを起こさないためには、間違ったスキンケアを改善する必要があります。

例えば、脂性の人は肌を清潔に保つために1日に何度も顔を洗ってしまう事もあるようですが、油の落としすぎも肌にはよくありません。

また、化粧の後、クレンジングを使わずに洗顔フォームだけで顔を洗ったり、高いから良いと思い込み自分の肌に合わない化粧水を使い続けているという人は要注意かも。

自己流のスキンケアは中止し、正しいスキンケアの方法を学んでいくことで肌荒れを改善することができるようになります。

健康によい食生活を心がける

食生活は、肌荒れに大きな影響を与えるものです。

油っぽい食事を多く取れば、それだけ顔から皮脂が出るので毛穴がつまりやすくなり、ニキビや吹き出物が出やすくなります。

ビタミン、ミネラルなどをしっかりと摂取できるようなメニュー考える事が大切。

ダイエット中だからと1つの食品で食事を置き換える女性も多いようですが、栄養のバランスが崩れ肌荒れを起こしやすくなります。

食生活が乱れるとホルモンバランスも悪くなり、赤ら顔の原因になってしまう事もあるので美肌になるためには栄養面のチェックは必須です。

食事で取れないときは最低限サプリなどで取り入れるようにしましょう。

ストレス発散を心がける

ストレスは、肌荒れに大きな影響を与えます。

ストレスを感じると、人間は自律神経が乱れ肌のターンオーバーが上手に出来なくなると言われています。

もちろん、人間関係のストレス、仕事のストレスというのもありますが、寝不足でも体はストレスを感じるもの。

規則正しい生活をしながら、頑張りすぎに注意する。

何事にもまっすぐ向き合う姿勢は素敵ですが、時々は気を抜いてストレスを発散させられる場を作ることが大切です。

紫外線対策をしっかりと行う

紫外線も肌荒れの原因になります。

紫外線は、雨が降っている日でも、曇りのひでも1年中降り注いでいるものです。

肌が紫外線を浴びると体の中の活性酸素が増え、肌荒れを引き起こします。

紫外線は、肌荒れだけじゃなく、シミ、シワ、たるみなども引き起こす怖いもの。

アンチエイジングに力を入れている女性は、紫外線対策をしっかり行いながら肌荒れ改善を目指していきましょう。

乾燥を防ぐ

乾燥と聞くと、冬を思い浮かべますが、

オフィスワークをしている人は、年中エアコンの風にさらされ、お肌は砂漠状態になっている事も。

乾燥しているなと感じたら、しっかりと夜の保湿を行うことが大切です。

「普通」と感じている肌も調べてみると水分量がかなり低下しているという事も多いので、十分すぎるくらいのケアを忘れずに。

肌荒れした時にやってはいけないこと

肌荒れした時にやってはいけないことがいくつかあります。

  1. ニキビをつぶす
  2. 赤くなってしまった場所を氷で冷やす
  3. 肌荒れしている時に顔のマッサージをする
  4. 肌荒れしている箇所に化粧水や乳液を何度もつける
  5. スクラブ入りの洗顔フォームを使う

どれも肌荒れをするとやってしまいがちの事ですが、これらは症状を悪化させるだけなので消してやってはいけない行動。

特に、赤くなっている場所を氷で冷やすのは危険!

急激に冷たいものを肌にくっつけてしまうと血行不良を引き起こし乾燥肌になってしまうと言われています。

肌荒れ対策のつもりが、余計に肌荒れになってしまうなんて悲しすぎますよね。

いかがでしたか?

今回は、肌荒れの症状って?肌荒れの原因&対策を徹底解説をお届けしました。肌荒れの原因を詳しく見ていくと、「あてはまるかも」というものがいくつかあるはずです。

自分の改善点を早急に見つけて対策を練ることで肌荒れの改善ができるようになりますよ!

この時期は特に乾燥しやすく肌荒れが悪化してしまう時期。

保湿対策をしっかりとして綺麗な肌を保って行きましょう。

健康も美容もダイエットもしたい!そんなあなたは、「【必見】今どき女子は始めてる!海外セレブが愛するオシャレダイエット」を読んでみてください。

インスタ映えもばっちりのオシャレに楽しめるとっておきのビューティアイテムがあるんです!

あなたにおすすめの他の記事

Googleアドセンス



Shufoo!

popinコード

-キレイ
-, ,

Copyright© いま女子 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.