キレイ

妊娠中でも青汁は飲める?妊娠中の青汁の摂取のギモンにお答え!

投稿日:2017年7月3日 更新日:


妊娠中栄養バランスが崩れる事を恐れ、サプリなどを探しているママさんも多いと思います。

でも、一定の栄養素だけを過剰摂取しすぎるのは危険という話もあり、色々気を使っている方もいるようですね。

そんな赤ちゃん想いのママさんにピッタリなのが「青汁」なんです!

植物由来の成分で、自分にも赤ちゃんにも優しい「青汁」は今、妊婦さんの中でかなり注目度が高め。

今回は、妊娠中でも青汁は飲める?妊娠中の青汁の摂取についての疑問と題し、妊娠中に摂取したい青汁の効果をお伝えしながら、ママさんたちの疑問にも答えて行きたいと思います。

青汁とはどんな飲み物?

青汁は、明日葉や、ケール、大麦若葉など栄養価の高い緑葉野菜を使って出来ている飲み物です。

この後詳しくお話しますが、青汁には食物繊維や、ビタミン類などが豊富で一度に色々な栄養素が取れるサプリのような働きもあります。

多くは、「粉」の形で販売されており、自分で水に溶いて飲むものが主流。

今の青汁は、改良が重ねられ水に溶いてもおいしく飲めるようになりましたが、それでも野菜が苦手な方は「苦味」や「野菜臭さ」を感じる事もあります。

粉のものは、自分で割るものを選べるので、ジュースで割ったり、牛乳で割ったりもできるのが利点かもしれません。

青汁に含まれる栄養成分ってどんなもの?

主にこちらの5つの栄養素が多く含まれて居ます。

ビタミンC  老化を防ぐ抗酸化作用やコラーゲンの生成を促す働き
ビタミンE  強い抗酸化作用があり生活習慣病などを予防する働き
カルシウム 骨や歯を丈夫にする働き
カリウム 血圧上昇やむくみなどを抑える働き
食物繊維 便秘解消など腸の機能を整える働き

特に、妊娠中は、むくみや血圧上昇、便秘に悩まされる方が多く、病院でカリウムのお薬や、便秘薬などをもらう事もあるでしょう。

でも、赤ちゃんの事を考えると、そうそう薬ばかりに頼るのも・・・。

そんな心配を解消してくれるのも青汁なんですよ。

妊娠中のママさんが摂取したい栄養素がバランスよく配合されているので、自分と赤ちゃんの栄養補給剤の役割を果たしてくれるんです。

妊娠中体重を増やすなと怒られた妊婦さんにもってこい

妊娠中は、ホルモンバランスの関係で、体重が非常に増えやすい状態になります。

「水を飲んでも太る」なんて涙目になりながら、定期健診に来るママさんを良く見かけます。

体重が増えると、妊娠中毒症になってしまって自然分娩が難しくなったりする事もあるので、ママさんたちは体重増加を非常に気にしているはず。

そうなると、食べる量を減らしたりしてしまうので、食事での栄養が崩れてしまう事も少なくありません。

体重を増やしたくないから食事量を減らす・・・でも、食事量を減らしたら栄養素がしっかり取れない。

その悩みを解決するのが「青汁」です。

青汁は、野菜をすりつぶしたものなので、カロリーは非常に低いのに、栄養は満点!普段の食事にプラスして飲むだけでカロリーを抑えながら栄養はしっかり取れるという利点がうれしいですよね。

ママさん達の青汁についての疑問に一挙お答えします

妊娠中に必要だとされる葉酸は含まれているの?

葉酸は、赤ちゃんが健康に育つための栄養素としてしられていますよね。

青汁に葉酸が含まれているのかどうかを気にされるママさんもいるみたい。

青汁に葉酸が含まれているかどうかですが、これは青汁の成分表を見てもらうのが一番です。

多かれ少なかれ含まれているものが多いのですが、青汁の種類によっては少ない量しか入っていないものもあります。

葉酸を特に多く摂取したいと思うママさんは、葉酸の含有量が多い青汁をチョイスするのが良いでしょう。

青汁にカフェインは含まれているの?

妊娠中、カフェインを過剰に摂取してしまうのは良くないとされますよね。

青汁のようなちょっと「お茶」っぽいものを飲む時は、細心の注意を払っているという方も多いはずです。

実際、青汁にカフェインが含まれているかどうかですが、含まれているものもありますし、ないものもあります。

妊娠中は、青汁のパッケージの裏に書かれた表示などをしっかりと読み、カフェインが含まれて居ないものを選ぶようにすると良さそうです。

農薬の心配は?安全面が気になる・・・

青汁は、野菜を主成分にして作られているため、農薬が使われているか使われていないかを気にされるママさんは非常に多いです。

注意しなければならないのは、食品添加物、合成保存料、安定剤、人口甘味料が使われているかどうか。

そしてもう一つは、気にされている農薬が使われているかどうかです。

まず着目するべきポイントは、国内生産の野菜が使われているかどうか、そして国内で作られているかどうかです。

もし、細かい部分などを知りたい方は、直接メーカーに問い合わせると丁寧に教えてくれるので、良いなと思った青汁の後ろに書いてあるメーカーの名前と電話番号などを控えて購入する前に質問してみると良いかもしれません。

青汁は太らないの?

体重増加を気にしている方は、青汁のカロリーなどを気にしている方も多いと思います。

殆どの青汁は、糖分が入っていないものばかりですが、中にはブドウ糖などを入れて飲みやすくしている商品も出ています。

カロリーを気にしている方や、体重を増やさないように気を使っている方は、そういった糖分が入っていない商品を選ぶようにしましょう。

青汁のビタミンAの過剰摂取をするのが怖い

ビタミンAを過剰摂取すると、奇形の赤ちゃんになってしまう事があるという医学会の発表があってから、妊婦さんたちは、妊娠中にビタミンAにとても慎重になっていると聞きます。

特に妊娠初期にビタミンAの過剰摂取は良くないと心配になってしまいますよね。

青汁には、ビタミンAが含まれているものが多いですが、一日に何袋も飲まなければ適切な摂取量のうちにとどまっているので安心です。

朝1杯夜1杯程度の青汁の量なら全く問題はありません。

出産後、授乳中に飲んでいても問題はない?

妊娠中もそうですが、出産後に青汁を飲み続けている人の場合、「母乳育児だけど大丈夫かしら」と心配される方も多いです。

でも、青汁を飲んで母乳育児をされている方は結構いるようですよ!

母乳は野菜を多く摂取することで、赤ちゃんにとっては飲みやすくおいしいミルクになるといわれていて、青汁を飲み始める前に比べて、青汁を飲んでからのほうが母乳を飲む量が増えたという口コミもあがっていました。

母乳育児を希望されているママさんでも、安心して飲めますので妊娠中から継続していても問題はないと思います。

いかがでしたでしょうか?

妊娠中のママさんの栄養バランスを整える強い味方になってくれそうな青汁。一日の摂取量をしっかりと守り飲めば、ビタミンAの過剰摂取なども心配なく安心して飲む事ができます。

でも、農薬を使っているかどうかなどはパッケージを見ただけでは解らない事もあります。

メーカーなどに直接問い合わせて内容を確認した上で自分が納得できる商品を購入することが大切だと思います。商品については青汁ランキングをご覧ください。

元気な赤ちゃんを出産するためにも、栄養のバランスはとても大切。

自分の体を健康に保つ事は、ママさんが赤ちゃんのためにできる最初のプレゼントなのかもしれません。

妊婦ママへプレゼント♪飲みやすい青汁ランキング!

 第1位【サンスター】100%国産 ・野菜5種類 粉末青汁

他の青汁ではもの足りない方は、100%国産野菜5種類が配合されたサンスター健康道場「粉末青汁」がおすすめです。

>>サンスターの公式サイトはこちら!

 第2位【ロイヤルユキ】島桑青汁

妊娠中、太りすぎて食べる量に気をつけている妊婦さんにぜひおすすめしたいのがこちら。食事制限をしても、これだけの栄養がある青汁を飲んでおけば安心です。

>>ロイヤルユキの公式サイトはこちら!

第3位 【清田産業】 煌めきモリンガ青汁

90種類以上の栄養をもつ「奇跡の木」と呼ばれるスーパーフードのモリンガを配合した、妊婦さんにもうれしい青汁です。

>>清田産業の購入サイトはこちら!

4位以降のランキングはこちら

青汁関連

健康も美容もダイエットもしたい!そんなあなたは、「【必見】今どき女子は始めてる!海外セレブが愛するオシャレダイエット」を読んでみてください。

インスタ映えもばっちりのオシャレに楽しめるとっておきのビューティアイテムがあるんです!

あなたにおすすめの他の記事

Googleアドセンス



Shufoo!

popinコード

-キレイ
-,

Copyright© いま女子 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.