キレイ

【ニキビに効くドリンクは?】コンビニで人気の美肌ドリンク2017

投稿日:2017年10月12日 更新日:


あわせて読みたい▶翌日にはぷるるん美肌!肌荒れに効果的な飲み物ランキングTOP5!

青春のシンボルであるニキビと美肌は裏腹の関係にあります。つまり、美肌を実現しようとしたらニキビを治さなければなりません。そのためには、ニキビの原因、そして改善方法を知ることが大切になります。

大人のニキビでは、肌の代謝が低下することから皮膚のターンオーバーが落ち込み、結果的に角質が古くなるために毛穴が塞がれることが原因になります。それに加えて、肌の乾燥も角質を硬くさせますのでニキビの原因になります。

ニキビの原因

ニキビには多くの人が悩まされてきました。思春期の頃はともかく大人になってからも解決できないで悩み続けている人も見られます。

そこで、美肌を目指すならばニキビを改善しなければなりません。原因を見て行くことにしましょう。

肌の代謝機能の低下

最初にあげるのは肌の代謝機能の低下です。肌の代謝とは肌の皮膚細胞の再生で、通常はターンオーバーと言われています。

肌のターンオーバーはおおよそ4週間周期で古くなった細胞は生まれ変わり、代謝機能が悪くなるとターンオーバーのリズムが狂うことで、古くなったままの角質で毛穴が塞がれることでニキビの原因になります。

肌の乾燥

肌が乾燥することで肌のバリア機能が低下します。そうすると、毛穴の収縮と角栓が詰まりそこに皮脂が分泌されることでニキビ化することが分かっています。

肌のバリア機能が正常であれば毛穴の収縮は起こることはありません。

ホルモンバランスの乱れ

ニキビと関係があるホルモンは女性ではエストロゲン、プロゲステロン、男性では性ホルモンのアンドロゲンです。男性ホルモンの作用としては皮脂分泌を促進し、反対に女性ホルモンは皮脂の分泌を抑制する作用があります。

これらのホルモンがバランス状態にある場合には、バリア機能の働きは正常で皮脂分泌についても異常は見られませんので、肌トラブルが起こることはありません。したがってニキビもできないことになります。

生活習慣・ストレスの乱れ

大人のニキビの原因でウエートを占めるのが生活習慣、ストレスの関係するものです。

要は生活習慣の悪循環がホルモンバランスを崩すことで、ニキビの発症が見られる場合が多くなります。また、糖質や脂肪分の過剰摂取が皮脂の分泌を促しますので、食生活にも注意が必要になります。

ストレスを受けると男性ホルモン、ノルアドレナリンが分泌されると、皮脂の分泌も促します。したがって、ストレス状態が続いた場合ではどうしても脂性肌になることが多くなります。それだけでなく、男性ホルモンは毛穴を収縮させるために詰まりやすい状態になります。

皮脂の代謝が進まないと毛穴に詰まった皮脂の中で、常在菌として知られている、ニキビを起こすアクネ菌が増殖を始めるようになります。その結果、その部分が炎症を起こすことでニキビができるというわけです。

ニキビ肌の改善法

ニキビ肌を改善する方法には大きく分けてスキンケアと食事の改善法があります。

ニキビに対するスキンケア

ニキビ肌へのスキンケアの基本は皮脂分を少なくすることと保湿がポイントになります。スキンケアの方法を間違ったが故にニキビを悪化させることもあります。

ニキビ肌へのスキンケアは、肌質によって異なります。ここでは4つの肌質について見て行きますが、自分の肌質がどのタイプなのか、しっかりと認識しておくようにしましょう。

肌の弱い・敏感肌さんがあわせて読みたい▶敏感肌のスキンケアにはコレ♡極上肌になれる鉄板ブランド3選

普通肌

普通肌は皮脂と水分の間のバランスが取れているので、このような状態ですとニキビはできにくいとされています。できても、治りが早いとも言われています。

しかしながら一方で、洗顔料を始め基礎化粧品、ファンデーションの選択ミスでニキビはできやすくなるとされています。

  • クレンジングは毎晩欠かさないように習慣づける
  • 洗顔料を泡立ててから額、鼻、顎に対して丁寧に洗うようにします。額、口の周辺、目元は泡で優しく洗います。
  • ニキビ用の化粧水は殺菌、抗菌作用、消炎作用、皮膚柔軟化作用の効能を持った成分のモノを使うようにします。
  • クリーム、乳液は抗酸化、抗老化作用のあるものを朝・晩使います。
  • 保湿剤はセラミド、NMF(天然保湿因子)を配合したモノを、目元、口の周辺、頬に使います。
  • 紫外線予防にはUV化粧品、メイクは紫外線を避けるためにパウダー、パウダーリファンデーション

を用います。

脂性肌

脂性肌は毛穴が開いていて、皮脂、水分が多いのが特徴です。皮脂の酸化が見られアクネ菌が原因の赤ニキビ、吹き出物が生じやすいので、クレンジングをした後には蒸しタオルでケアをし、皮脂の汚れを取り除くようにします。

  • クレンジングは毎晩欠かさないように習慣づける
  • 洗顔料を泡立ててから額、鼻、顎に対して丁寧に洗うようにします。額、口の周辺、目元は泡で優しく洗います。
  • 水分量をアップすることで詰まりにくい肌にすることポイントです。乾燥し毛穴が固く詰まっている限りニキビができやすいので水分補給が大事になります。
  • ニキビ用の化粧水は殺菌、抗菌作用、消炎作用、皮膚柔軟化作用の効能を持った成分のモノを使うようにします。
  • クリーム、乳液は使わなくても影響はありません。しっとり化粧品は皮脂のべたつき感が増してきます。
  • 乾燥していると思った場合には水分不足になっていることから化粧水をつけるようにします。
  • 紫外線予防にはUV化粧品、メイクは紫外線を避けるためにパウダー、パウダーリファンデーション

を用います。

混合肌

水分量が少ない一方で、皮脂が多めなのが特徴です。Tゾーン(額、鼻、顎)、目元、口の周辺とべたつく箇所が異なる場合があるので、それぞれの部位に対してスキンケアを行います。

部分的にも乾燥を避けながらケアをしましょう。

  • クレンジングを日常的に行うことが大切で、Tゾーンとアイメイクの部分については特に丁寧にする必要があります。場合によっては朝のクレンジングも行います。
  • 洗顔料を泡立ててから額、鼻、顎に対して丁寧に洗うようにします。額、口の周辺、目元は泡で優しく洗います。
  • ニキビ用の化粧水は殺菌、抗菌作用、消炎作用、皮膚柔軟化作用の効能を持った成分のモノを使うようにします。
  • 保湿剤はセラミド、NMF(天然保湿因子)を配合したモノを、目元、口の周辺、頬に使います。
  • クリーム、乳液は抗酸化、抗老化作用のあるものを朝・晩使います。
  • 紫外線予防にはUV化粧品、メイクは紫外線を避けるためにパウダー、パウダーリファンデーション

を用います。

乾燥肌

他の肌質と違って水分、皮脂は少なく柔軟性もありませんし、小じわができやすいという特徴があります。水分がなくなりやすいことから角質は固く、毛穴の収縮で皮脂も溜まりやすいことでニキビができやすくなっています。

  • クレンジングは毎晩欠かさないように習慣づける
  • 洗顔料を泡立ててから額、鼻、顎に対して丁寧に洗うようにします。額、口の周辺、目元は泡で優しく洗います。
  • ニキビ用の化粧水は殺菌、抗菌作用、消炎作用、皮膚柔軟化作用の効能を持った成分のモノを使うようにします。
  • 保湿剤はセラミド、NMF(天然保湿因子)を配合したモノを、目元、口の周辺、頬に使います。
  • クリーム、乳液は抗酸化、抗老化作用のあるものを朝・晩使います。
  • 紫外線予防にはUV化粧品、メイクは紫外線を避けるためにパウダー、パウダーリファンデーション

を用います。

食事の改善・ニキビにいい栄養素

ニキビケアを率先してやっているにもかかわらず、治らないという人が結構いるようです。その原因は何処にあるかと言うと、どうやら食生活に関係があるようです。

実際のところ、ニキビに対しての食事療法が、効果があると言われていることから、どのような食事を摂ればいいのか改善のポイント探ってみましょう。

これまで見てきた通り、ニキビは皮脂による毛穴の詰まりが原因で、この皮脂が余分に分泌されるのに食事が関与していることが分かっています。

ニキビにいい栄養素をベースにした食事のヒントはいろいろありますが、一番端的な例は、ニキビや肌荒れの飲み薬やドリンク剤があることから、食事でも同じように摂ることが出来ます。ビタミン類や食物繊維、乳酸菌などが挙げられます。

ビタミンB群

ニキビに効果的なビタミンB群は、

  • ビタミンB2(納豆)
  • B3(ナイアシン)
  • B5(パントテン酸)
  • B6(マグロ)

などがありますが、これらはいずれも肌の再生を促したり、皮膚、髪に栄養を補う大事な仕事をしたりしています。

また、B1(胚芽米)とB12(レバー)は神経や血液に関与していて、肌が必要とする栄養の運搬に必要な栄養素になっています。

ビタミンC

ビタミンCには抗酸化成分があり、肌を活性酸素から守る働きとニキビの炎症を抑制する働きがあります。それに加えて肌の再生にも関与しますのでニキビ跡にも効果が期待できます。

主に、ピーマンやアセロラ、柑橘類に多く含まれます。

ビタミンE

ビタミンEも抗酸化作用があり、ニキビの原因とされている活性化酸素を取り除く一方で、血行促進作用もあるので、肌を活性化させます。

主に、あんきも、いくら、すじこ、キャビアのような魚卵から摂ることが出来ます。

ビタミンA

ビタミンAは肌の再生作用があることからニキビだけでなく他の肌トラブルにも効果が期待されます。

新陳代謝がスムーズに行われることで角栓もできにくくなります。つまり、ニキビ予防には非常に大事な栄養素ということで、ニキビに悩む人にとっては欠かすことはできません。

主に、鶏レバー、豚レバー、アンキモ、ウナギなどの多く含まれます。

食物繊維

ニキビの原因のいくつかあるうちの1つに便秘が挙げられます。原因は腸内環境の悪化で、それが肌トラブルの元になっています。したがって、腸内環境を整えることは便秘を予防し老廃物を排出することになります。それを手助けするのが食物繊維なのです。

腸内環境の悪化は自律神経の働きを乱し、全身の血流不良おこすことで肌に影響を及ぼします。

主に、豆類、芋類、ゴボウなどの根菜類から摂取することが出来ます。

ニキビと栄養ドリンク剤

ここまでニキビの原因を始め、スキンケアの方法、食事などについて触れてきましたが、最近ではニキビ対策にマッチした栄養素(ビタミンB、ビタミンC)を含んだドリンク剤が発売されています。

ドリンク剤のイメージは疲労回復などが挙げられますが、ニキビ向けのドリンク剤が評判になっています。ドリンク剤ですので外側からの効果ではなく内側からの効果を期待することになります。

例えば、疲労、睡眠不足、栄養不足と偏り、ストレスなどがあります。

生活習慣を改めればいいのですが、そう簡単に行かないのが人間の悲しいところで、そういう場合には、ドリンク剤で手軽利用することで美肌作りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ユンケルローヤルC

http://search.sato-seiyaku.co.jp/

抗酸化物質が含まれているローヤルゼリーはアンチエイジングや美肌効果、それに女性ホルモンのバランスを保つ効果があります。また、ビタミンCは同じように美肌効果、免疫効果があります。

30mlで31kcalと低いカロリーの上、肉体疲労時の回復にも栄養補給ドリンクとして効果があります。

成分:黄精流エキス・500mg、ローヤルゼリー・200mg、ビタミンC・500mg、ビタミンE酢酸エステル・10mg、ビタミンB2リン酸エステル・5mg、ビタミンB6・10mg、ニコチン酸アミド・25mg、無水カフェイン・30mg

税抜き価格:30mL 486円

公式HPはこちら

チョコラBBドリンク

肌の内側からケア(肌荒れ、ニキビ、口内炎の緩和)を行う栄養ドリンクが、医薬品のドリンク剤のチョコラBBビットです。

チョコラBBビットの特徴は、

  • 肌ケアに必須のビタミンB2、B6、ヨクイニン(イボとり)ニコチン酸アミドなどの成分を配合
  • 肌の内側からケアする医薬品ドリンク
  • 低カロリー(1.2kcal)
  • ノンカフェインのため就寝前の飲用も可能

税抜き価格:50ml 205円

公式HPはこちら

エスカップC1000

https://www.qlife.jp/

ビタミンCは風邪の時に良く摂取しますが、それだけでなく美容にも効果があることが分かっています。ニキビや肌荒れなどの肌のトラブルに注目を浴びていることから、多くの栄養・美容ドリンク剤の成分に使われています。

エスカップC1000はタウリン1000mg、ビタミンC 500mgの他にハチミツ、リンゴ酸が配合されているので飲用しやすくなっています。

税抜き価格:100ml 300円

公式HPはこちら

ニキビにいいドリンクおすすめランキング

口から栄養摂取をする場合、飲み物でしたら簡単に出来るので、ニキビに対しても効果が期待できます。特にTゾーンのニキビ対策では栄養不足、内臓機能の維持が大切になりますので、飲み物で栄養素を補給するようにしましょう。

ハトムギ茶

昔からハトムギ茶は美容に効果があると言われていました。実際に肌荒れ、イボなどのトラブルに対して使われています。

様々な原因で乱れるターンオーバーの機能を正常化し、肌荒れ、保湿機能の減退による乾燥や毛穴詰まりからくるニキビ、吹き出物を抑え、美肌作りに効果があることが証明されています。

ハト麦の成分構成は、脂質・糖質、タンパク質、ビタミンB群、カリウム、鉄分、カルシウム、食物繊維、アミノ酸などがあり、新代謝の活性化、美白、保湿、便秘の解消に効果が認められています。

ハトムギに含まれるヨクイニンがニキビへの効果があるとされています。

ドクダミ茶

ドクダミ茶のニキビに対する作用としては抗酸化、ターンオーバーの正常化があり、肌の内側から美肌作りが可能になります。

ドクダミの良い点はニキビや吹き出物の予防だけでなく、治療にも効果があることです。つまり、アクネ菌に対する抗菌作用があることを証明しています。

ドクダミ茶がニキビを改善するポイント

  • ケルセチンの抗酸化作用がニキビの進行を抑える
  • 抗炎症作用でニキビの炎症症状を抑制する
  • ケルセチン、クロロフィルが血行と代謝を促しターンオーバーを正常化
  • デカノイルアセトアルデヒドの殺菌効果、カリウム、クエルチトリンの利用作用によるデトックス効果
  • ルチンに抗酸化作用、ビタミンCの吸収効果

などが挙げられます。

豆乳

ホルモンがアンバランスになると、ニキビや吹き出物の症状が見られるようになりますが、豆乳の成分イソフラボンホルモンバランスを整えることで、ニキビや肌荒れの症状を軽減させる効果が期待できます。

中でも生理前、あるいは妊娠中では、子宮の収縮を抑制することから黄体ホルモンの分泌が多くなり、卵胞ホルモンとの間にアンバランスが生じます。その結果、胃腸運動が鈍化し便秘症状が出てきます。新陳代謝の低下も見られ、肌の酸化からニキビ、肌荒れが生じるようになります。

そこで、豆乳から大豆イソフラボンを摂取することで、体内に卵胞ホルモンが増加しアンバランスからバランスへと移行することが出来るわけです。結果的に便秘の解消、新陳代謝も元に戻り、ニキビ、肌荒れも改善されることになります。

また、美白、保湿作用もあるので一層の効果が期待されます。

ニキビに良くないドリンク

折角、ニキビにいいドリンクを学んだのに、逆にニキビに良くない飲み物のことを知らないままでは、意味がないことになってしまいます。では、どのような飲み物が良くないのか見て行きましょう。

アルコール

アルコールを摂取すると、その作用により脂肪の合成が進むことで、皮脂分泌量も増えアクネ菌の活動が活発になることからニキビが発症しやすくなります。また、糖質が多いことも問題になります。理由は糖質を過剰に摂ると余分なエネルギーが脂肪になり、同じように皮脂の分泌を促します。

したがって、肌トラブルが日常的に見られる人は、アルコールの摂取を控え目にした方がいいでしょう。どうしても飲む時は焼酎のような蒸留酒であれば、糖質を抑えることが出来ます。

その他にも、アルコールの多飲は肝臓での解毒作用が追い付かなくなることからニキビの症状がでてきますし、ビタミンB群が消費されますので、タンパク質の不足が顕著になり肌のターンオーバーが阻害されることから皮脂が残存し、ニキビの元になります。

また、脱水症状が進むと肌が乾燥しやすくなり、毛穴に皮脂の分泌が溜まることでニキビができやすくなります。さらに、アルコールは血管を拡げるので炎症性のニキビでは症状が悪化することもあります。

コーヒー

コーヒーのカフェインはビタミンを排出する作用があることからニキビの原因になっています。と同時に、糖分や脂肪分も併せて摂取することが多くニキビの原因になります。また、利尿作用から体を冷やし血液循環に支障を来すと新陳代謝が悪化します。

それによって老廃物を貯めることで腸内環境も悪くなり、肌のターンオーバーが損なわれることからニキビができます。

人工甘味料入り飲み物

人工甘味料にはスクラロース、アスパルテームのように飲料の成分表示欄に載っていますが、この人工甘味料は腸内環境を乱すだけでなく、スクラロースは善玉菌を減らすことで便秘を引き起こします。

他の人工甘味料は肝臓、腎臓に負担を負わせることからニキビの悪化、吹き出物を原因になります。

人工甘味料ではありませんが保存料、着色料、香料のような添加物も、肌に損傷を与えることがあります。

ニキビの解消とニキビドリンク

食生活や生活習慣を変えるのはそう簡単に行くことではありません。といってニキビは治したい、そんなジレンマに陥る人にとって福音を与えてくれるのがニキビドリンクです。

肌ケア、ニキビの改善に必要な有効成分をダイレクトに摂取することが出来ます。そこで大事なのが自分の肌質と、どの栄養素が効果があるのかを併せて知ることです。

それによって対応の仕方が変わってきます。同じようにニキビドリンクを飲むにしても、自分の肌質を知った上で飲むことをおすすめいたします。

まとめ

  • ニキビの原因
  • ニキビ肌の改善法
  • ニキビと栄養ドリンク剤
  • ニキビにいいドリンクおすすめランキング
  • ニキビに良くないドリンク
  • ニキビの解消とニキビドリンク

-キレイ
-, ,

Copyright© いま女子 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.