エンタメ ライフ

デキる女は通ってる?ビジネス英会話を学ぶなら○○○に決まりっ

投稿日:2017年12月1日 更新日:


グローバル化が進む昨今、ビジネスのシーンでも日常的に英語を話す場面が増えてきました。無論その比率は職種によってまちまちですが、ビジネス以外でも英会話を使う機会は今後誰にでも訪れます。

つまり我々の生活に、英会話というものが当たり前に溶け込んでいくのです。そういったことを考慮した時、今後会社が求める英語のレベルも高いものになっていくでしょう。

それを好機とするためにも、ビジネスマンが学ぶべき英会話教室についてご紹介していきます。

ビジネスで求められる英語の実力はどれくらいのレベル?

ビジネスシーンでの英会話といっても、業種によって求められるレベルは様々です。また、その中でも業務内容によっては必要とされる英語力も当然違ってきますね。

しかし、どうせ習うのであれば、必要最低限の英語力を身につけるのではなく、どんな場面でも通用する英語を習得するべきです。

外国企業とのミーティングがあった際には、仕事相手として先方に失礼があってはいけません。

現実には、我々が学んだ英語の中にはネイティブの人からすると失礼な言い回しや古臭い言い回しというのも結構あります。ビジネスの中で利用する英語であれば、最低限その辺りの理解はしておきたいですよね。

また社会人として、Eメールのマナーを一通り覚えたつもりでも、英文メールではその常識が通用しない場合があります。Eメールのタイトルの付け方一つでも、選択が迫られますが、それらを発生ベースで学ぶのでは遅いです。

こういったシチュエーションに備えて、企業によっては社内で英語研修を行なっているというところも最近は増えましたね。その中で英語力の確認・向上や発音矯正といった基礎的な英語学習を行うことはできるかもしれませんが、これらの制度も完璧ではありません。

実際社内の英語研修を受けたからといって外国人からの架電に対する電話対応が完璧にこなせたり、英語によるプレゼンがスルスルとこなせたりするようになるわけではありません。

研修制度はあくまで補助輪的な要素であって、最後に明暗を分けるのは、ベースとなる英語習得環境なのです。

本気だからこそ通うべき、英会話教室

https://www.kids.ecc.jp/

ビジネスシーンで役立つような英語を身につけるためには、英会話教室で本格的に学習することをオススメします。

外国人講師が実践レッスンを行ってくれるので、ネイティブの生きた英語表現を学ぶことができますし、聞き取り能力も高くなります。

また、社内研修と違って「お金を払ってレッスンを受ける」という形式になるので学ぶ側は当然生徒であり、顧客です。

ラフな格好で通うことができますし、自分のペースに合わせて学ぶこともできます。リラックスした環境で学習を行えるので、コミュニケーション力も強化されやすくなります。

しかし、英語学習をする上で英会話教室に通うとなると、総合的な英会話学習になってしまい、必要とするビジネス英会話のみを学ぶよりも遠回りになってしまうのではないか、という不安の声も聞きます。

確かに普通の英会話教室に通うだけではそういった可能性も考えられます。だからこそ大切なのは教室選びなのです。私がオススメするのは、ECC外語学院の英会話教室で、こちらではビジネス英会話に特化したコースを設けています。

内容はもちろんビジネス英会話に特化しているので、短期間のうちに仕事で使える英語スキルが身につきます。

オススメの理由は信頼と実績

https://www.ecc.jp/

ECCでの学習をオススメする理由の第一は、今挙げたようにビジネスに特化したコースが設けられているというところです。

ECCには、「レギュラーレッスン」「BIZ英会話トライアル」という2種類のビジネス英会話コースがあります。単純にビジネス英語を学ぶだけではなく、自分の英語レベルや目的、予算に合わせてレッスンを選ぶことが可能です。

どちらもグループ制の教室になりますが、レギュラーレッスンでは外国人講師から品のある正しいビジネス英語を学ぶことができます。これを週1回80分の授業で全40回行います。

BIZ英会話トライアルでは、バイリンガル講師が講義の中に日本と外国の商習慣や生活文化も交えながら、簡単な英単語を使って表現のバリエーションを増やすことができるようにレッスンを行います。

講師が日本人ですので、初心者の方にもオススメです。これは週1回60分の授業が全10回になります。

本来であればそのスクールで既に培われたノウハウを元に形成されたカリキュラムに沿って進行される授業に参加するだけですから、そこに合うか否かという好みが生じます。 ECCにはそういった心配がありませんから、安心して通えるのです。

そして、多様な授業スタイルを持ちながらも、高い信頼と実績を兼ね備えているからこそ、自信を持ってオススメすることができるのです。

ECCの詳細はこちら

先ずは自分の英語力をしっかりと把握する

いくら授業を自由に選択することができるといっても、自分がどういった部分を集中的に学ぶ必要があり、どんな分野が弱点なのかを知らないことには始まりません。

特にビジネス英語の場合、それまで馴染みがなかったという人が大半ですし、自身が今どれくらいのビジネス英会話力を有しているのかを把握するのすら一苦労です。

街やお店で見知らぬ外国人に話しかけられた際の日常的なコミュニケーション英語と、会議室で取引先の外国人を相手に使う英語では、全く違いますよね。

また、日常で使わないような役職名や商品名、取引に関連する英単語や丁寧な言い回しというのは、聞き慣れないものが多いです。このような例からも分かるように、日常会話レベルの英語ができるからといって、ビジネス英会話もできるとは限らないのです。

シーンによって使う表現が変われば、そこに得手不得手も生じてしまいますからね。ECCではそういった悩みに対処するために、無料のカウンセリングを行っています。日本人カウンセラーに英語力を判断してもらい、現状の英語力を客観的に見てもらいます。

その上で診断シートを渡され、学習方法のアドバイスを受けることもできるので、英会話教室に通う際、どういった点を集中的に学べば良いのかを事前に把握できます。

カウンセリングの次は体験入会

https://www.ecc.jp/

カウンセリングで学習アドバイスや診断シートを受け取ったら、次に実際の教室で体験的に授業を受けてみましょう。

実践レッスンの中で反射的にアウトプットできるかという訓練もここで行うことができます。ここまでを含めて英語力ですから、発音や語彙力、人対人の会話といった部分を意識していきましょう。

また、いくら授業を自由に選ぶことができるといっても授業スタイルが場所によって異なることや、講師や教室の雰囲気というものがあります。自分のやりたいことと、教室のやり方がマッチしているかを、ここでしっかりと確認しておきましょう。

ECC無料体験はこちら

終わりに

ECC外語学院の無料体験レッスンは、公式ホームページから簡単に申し込むことが可能です。また、無料体験レッスンを受けた上で契約した場合にのみ受けられる入会金割引などもあります。

その為、先ずは体験だけという人も、既に入会の意思を固めている人も、最初は体験レッスンから受けることをオススメします。

まとめ

  • この先も英語は益々必要とされ、必須のスキルとなる可能性が高い
  • ビジネスシーンで求められる英語力は特殊である
  • それ故にECCのような自由度が高く、それでいてノウハウを持っている教室に通うべき
  • 授業を自由に選択できるから、自分好みの環境で学習できる
  • 自分の英語力を把握することが大切
  • ECCではそのための無料体験カウンセリングを行っている
  • カウンセリングを受けた後は体験入会に参加する
  • その上で契約すると、入会金が割引される

健康も美容もダイエットもしたい!そんなあなたは、「【必見】今どき女子は始めてる!海外セレブが愛するオシャレダイエット」を読んでみてください。

インスタ映えもばっちりのオシャレに楽しめるとっておきのビューティアイテムがあるんです!

あなたにおすすめの他の記事



-エンタメ, ライフ
-,

Copyright© いま女子 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.