ライフ

雨の日の不調には理由があった!雨の憂鬱さを晴らす方法をTRY☆

投稿日:2016年6月25日 更新日:


わかって!雨の日の不調には理由があった!梅雨のだるさを吹き飛ばそう 眠いしだるいし頭痛も肩こりもヒドイ…雨の日なんて大嫌い! こんな症状あなただけじゃないんです。特に女性は雨だと2人に1人がだるさなどの不調を感じています。

眠いしだるいし頭痛も肩こりもヒドイ…雨の日なんて大嫌い!こんな症状あなただけじゃないんです。特に女性は雨だと2人に1人がだるさなどの不調を感じています。どんよりした暗い空を見るだけでも憂鬱になりますが、それだけじゃない理由があるんです。人間って繊細に出来ているんですね…。

えっ?酸欠!?

http://www.shutterstock.com/

低気圧で晴天時より気圧が下がるということは大気の量が減っているということになります。大気が減るということは空気中の酸素も減るということ。普段の状態よりも酸欠状態になっていたんです。 酸素が十分でないと脳の機能が低下し、眠気やだるさ頭痛を引き起こします。 このように気象・気候の変化は体調に悪影響を及ぼすことがあります。 また、あまり知られていませんが『天気痛』や『気圧頭痛』といった症状を引き起こす可能性も指摘されていますので、「調子が悪い」「身体が重い」と感じた場合は、すぐに病院での治療、または対処法を試みて下さい。

自律神経にも影響!?

自律神経とは…?

呼吸や消化のような意思の力では制御できない体内の機能を制御しています。ホルモンとも密接な関わりがあり、ストレスや生活の乱れなどで自律神経に支障をきたすとホルモンのバランスも乱れ、様々な不調を引き起こします。自律神経には主に興奮状態の時に優位になる『交感神経』と鎮静状態の時に優位になる『 副交感神経』とがあり、二つが同時に働くことはありません。

自律神経は様々な物の影響を受けますが、天気もその一つ。 快晴の時は『交感神経』を優位にし、肉体的にも精神的にも活動的な状態になります。 それに対して曇りや雨の低気圧の時には『副交感神経』が優位になり、心身ともにエネルギーを蓄積しようとする状態になり、リラックスモードで活動機能や意欲が低下した状態になります。そしてだるさや眠気、頭痛やめまい血液が滞留することにより浮腫みなどの症状になって現れるのです。

ただ、『交感神経』『副交感神経』どちらかだけが良いというわけではなく、二つの神経がバランス良く機能していることが理想の状態です。 上記のように自律神経は自分で気づかない内にバランスを崩し、様々な悪影響を及ぼすことがあります。「何か体調が優れない」と感じた場合はすぐに解消方法を試し、改善しなければ病院へ行くことをお勧めします。

不快な症状を吹き飛ばそう!

深呼吸をする

深く呼吸し、積極的に酸素を取り入れ酸欠状態から脱出しましょう。

軽い有酸素運動をする

ウォーキングやストレッチなどの軽い有酸素運動をすることで酸素を取り込むと同時に『交感神経』のスイッチを入れ、眠気を吹き飛ばし活動的になりましょう。

アロマテラピーが効果的☆

気分をシャキッとさせるものや循環器系の働きを助けるアロマを使ってダルさ、眠気、無気力、頭痛やめまい、肩こり、浮腫みなどの低気圧が原因の不調を乗り切りましょう。

  • グレープフルーツ
  • サイプレス
  • ジュニパーベリー
  • ブラックペッパー
  • レモングラス

これらの精油は心身をリフレッシュさせてくれると共に体の中に滞留している水分や毒素の排出を促す作用があります。

  • ペパーミント
  • ユーカリ
  • ローズマリー

これらの精油は高いリフレッシュ・覚醒作用があるので目覚めの時やボーっとしてしまう時などに良いでしょう。

芳香浴などで香りを嗅ぐだけでも気分をシャキッとさせる効果はありますが、スイートアーモンドオイルなどのプラントオイルに1%以下に希釈(30・のオイルに対し精油6滴)浮腫みの気になる部位や首、肩などに塗って軽く揉み解すなどセルフマッサージをするのがお勧めです。(塗るだけでももちろんOK)

厳選!雨の日のダルさから脱出アイテム!

最近では石鹸にアロマオイルが配合されているものもあり、アロマのべたつく感じが苦手な方にもおすすめです!アロマ石鹸でお体を洗いながらマッサージするとより気分回復できます♥
@cosmeベストコスメ大賞、洗顔部門第1位にも選ばれたことのあるペネロピムーンは、和漢植物を贅沢に配合した洗顔石鹸です。あらゆるトラブル肌を優しく磨き上げ、肌本来の健やかな潤いを引き出しながらワントーン明るい素肌へ導きます。 

ペネロピムーン公式サイトをみる

半身浴でリラックス&自立神経を整える


熱いお湯のお風呂に入と交感神経が刺激され、身体を休ませることにはなりません。あくまでも「半身浴」をすることが、よりリラックス効果を高め、良い睡眠をもたらすポイントです。 入浴方法のポイントはぬるめ(37‐38℃)のお湯に浸かること、また「汗をかきはじめてきたな」と思う頃、20‐30分で済ますことです。 体温が一定になることで副交感神経が優位になり、リラックス効果が生まれます。 先ほど紹介したアロマの入浴剤を使用してリラックスするのもいいと思います。

 

メディテーションバスα公式サイトはこちら

質の良い睡眠をとることが大切

雨の日の前日に早めにベッドに入って、ゆったりとした音楽や間接照明を使い、睡眠しやすいリラックスできる環境づくりをしましょう。 加えて、より深く眠れるように、寝る3時間前までに食事を済ませておきましょう。 交感神経が刺激されないように、カフェイン、甘いもの、冷たいものは控えるほうがいいでしょう。 ぐっすり眠りたい日のとっておきに飲むドモホルンリンクルを試してみてはいかがでしょうか。

原因を理解することが大事☆

天気の悪い日は暗い空を見るだけで気持ちまでどんよりと沈みがちですが、実は低気圧が私たちの体に及ぼす影響は大きいようですね。ただなんとなくダルいわけではなく、理由があってのこと。しっかり理解して梅雨を元気に乗り切るために対策していきましょう☆

-ライフ
-, ,

Copyright© いま女子 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.