キレイ

[VERY系] ONOFFの過ごし方♪休日ファッションは、デニムでカジュアルに過ごす

投稿日:2016年3月9日 更新日:


カジュアルスタイルに欠かせない「デニム」。
定番のアイテムですが“今年らしく”楽しむポイントをチェックして「休日のリラックスタイム」をもっとステキに演出しませんか。毎年着ている定番のデニムアイテムを“着こなすポイント”から、今年から新たにデニムアイテムをクローゼットに加える前に“おさえておきたいデザインのポイント”まで、役立つ情報をご紹介いたします。

デニムパンツを今年顔にするなら「レースアップシューズ」を投入して「足元」からアップロード

01

http://www.freepeople.com/

オールシーズン楽しめるデニムパンツの“表情”を変えるキーワードになるのが「足元」。ブーツからパンプスに変えるだけで、冬から春のイメージにシフトできます。さらに毎年着まわしているデニムパンツを“今年顔”にするなら「レースアップシューズ」がおすすめ。素足にはもちろん、靴下オシャレも楽しめるので、今年のヘビロテアイテムになる予感。また写真のように、デニムパンツは“切りっぱなし”が今年らしいポイントです。

デニムシャツは「心地よいサイズ感」が今年のトレンドアイテムとの着まわしに重宝する

02

http://www.theblondesalad.com/

ボーリュームあるボトムスが多くトレンド出回る今年の春夏。そのトレンドアイテムに合わせやすいトップスは「ほどよいサイズ感」がポイント。肩幅の合うぐらいの“ややゆったり”したデニムシャツは着こなしの幅が広く重宝しそう。プルオーバーのインナーから、Tシャツのはおりにまで大活躍は必須です。

「ださ可愛い」が今年の気分。まずはマムジーンズを基本の一着にプラス

03

http://matethelabel.tumblr.com/

一昔まえを思い出させるシルエットの「マムパンツ」が、今年のスタンダードになる予感。90年代を思い出すシルエットに、着こなせるか心配になる方も多いはず。まずは着こなしやすいデニムの「マムジーンズ」からトライしてみてはいかがでしょうか。“マムパンツ”の良い点は、ハイウェストでお尻まわりがゆったりし足先に向かって細くなるテーパード型のシルエットが“スタイルアップ”を期待できる優れものです。

おしゃれ最先端を行くならデニムにイージー感をプラスした「巻きデザイン」を要チェック

04

http://www.vogue.com/

ここ数年見かけなかった“巻き”のデザインですが、スカートはもちろんパンツなどボトムス全般に「巻きデザイン」が注目されています。デニムパンツで取り入れれば、いつものカジュアルにイージーな余裕がプラスされとっても新鮮。トレンドのワンドパンツよりも、ウェストに“巻き”のデザインがあることで、人とは違うハイセンスな着こなしを後押ししてくれます。

何はなくとも「デニムジャケット」で春を迎えられる。今年はライトブルーが欲しい

05

http://www.whowhatwear.com/

クローゼットのワードローブに1着あると便利な「デニムジャケット」。
季節の変わり目に、アウターに困ったらとりあえず使えるアイテムです。今年新調するなら、「ライトブルー」がおすすすめ。シルエットは少し大きめがトレンドです。寒暖差のある時期には、トレンチコートやカウチンニットコートと重ね着したり、休日のカジュアルに欠かせない一着になりそう。
また、ベーシックなジャケットデザインだけでなく、MA-1風のデザインも見逃せません。




健康も美容もダイエットもしたい!そんなあなたは、「【必見】今どき女子は始めてる!海外セレブが愛するオシャレダイエット」を読んでみてください。

インスタ映えもばっちりのオシャレに楽しめるとっておきのビューティアイテムがあるんです!

あなたにおすすめの他の記事

Googleアドセンス



Shufoo!

popinコード

-キレイ
-, ,

Copyright© いま女子 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.