ホンネ

体質のせいにして諦めないで!“人混み”に疲れる原因と対策

投稿日:2017年6月9日 更新日:


休日、外出してお買い物…でもお客さんが多くてうんざり。そこにいるだけで疲れる。または、毎日電車に乗って通勤。何もしていないけど、たくさんの人混みに紛れるだけで疲弊してしまう。そんな経験ありませんか?

これを「そういう体質なんだから我慢するしかない…」と諦めていませんか?確かに、人混みを見てもなんとも思わない人もいますし、むしろ人がたくさんいた方が元気が出る!という人もいます。

私も人混みが嫌いで、休日でかけるのが億劫で、たくさんの人が集うイベントなどは苦手です。かと言って、全部を断るわけにもいきません。

では、人混み嫌いはただ我慢してやりすごさなければいけない?そんなことはありません。今回は、人混みを見て疲れてしまう人のために、その原因と対策についてご紹介します。

人混みに疲れるのはミラーニューロンが原因かも

人混みってどうして疲れるんでしょうか。人によって原因は様々ですが、もしかしたら頭の中にある「ミラーニューロン」が原因かもしれません。

ミラーニューロンとは、簡単に言えば「人の行動を、あたかも自分の行動のように感じてしまう神経細胞」です。

たとえば、目の前の人が転んでしまったとき、それを見ていた自分も一瞬ビクッと反応してしまうことがあります。これは、その人に同調していた、共感していた、という状態です。

目の前にいる人がひとりであれば、その人だけを真似ることになりますが、もしたくさんの人がいたらどうでしょう。両手に持ちきれないくらいの荷物を、無意識に抱え込んでいる状態になります。

ミラーニューロンは逆に利用できる

ミラーニューロンのせいで、人の行動に影響を受けてしまう。なんてこった!お前のせいで疲れるじゃないか!どうしてくれるんだ!

ミラーニューロンが原因で人混みに疲れてしまう人の場合、ミラーニューロンを封印しようとするより、逆に「利用してやる」と考えた方がいいでしょう。

もちろん、ある程度「人混みを避けよう」とコントロールすることも必要ですし、絶対疲れない方法、というのはないのですが、ミラーニューロンはそんなに悪い奴ではありません。

ミラーニューロンのせいで、不特定多数の人の行動に影響を受ける。ならば「この人を真似る」という対象人物を決めればいいのです。家族や友達が同行してくれるなら、その人を意識してもいいと思います。

ぼんやり人混みを眺めていると、自分では気がつかなくても、注意散漫になり、実はあちこちの人間の行動を観察して反応してしまいます。ところが、対象人物が決まっていて、その人との会話に夢中になっているときは、さほど周囲に影響を受けていません。

人混みに紛れてしまってフラフラしているとどんどん重く苦しい気分になるので、対象や目的を絞ることを意識的に行ってみましょう。

また、ミラーニューロンは「真似る」のが得意な細胞ですから、これを利用することによって、

  • 成功者の近くにいたら成功する
  • 頭の良い人と友達になると頭がよくなる

みたいなまねっこ効果もあるので、嫌わないであげてください。

パーソナルスペースを守る

人には、「ここから先には入ってこないで欲しい」というパーソナルスペースが存在します。個人差も激しいのですが、人混みはパーソナルスペースにガンガン知らない人が入り込んできます。

「誰も近寄らないで!」と思っても、回避することができません。疲れてトイレの個室に入るとほっとする人もいますが、そういう人はパーソナルスペースを大事にしている人なのです。

親しい人を連れて歩くと安心できる

誰でもそうだと思いますが、エレベーターに見知らぬ人と二人きりになると、気まずいですよね。でも、仲の良い友人と一緒に乗っていて、誰かが乗り込んできても、そんなに気にならないと思います。

友人や恋人、家族と「一緒にいる」というだけで、安心できるのは、すでに親しい人を自分のパーソナルスペースに入れているからです。

自分の部屋に、見知らぬ人だけを招き入れることはできませんが、親しい人がいる状態なら「入ってもいいよ」と招き入れることができるのです。

あとは、適度にパーソナルスペースを確保できるように人がいない場所を選んで歩くとか、トイレなどの個室に逃げ込むようにして、自分のパーソナルスペースを守るようにしましょう。

“人に見られている”という緊張感

人混みに入る、ということは、こちらから見ていると同時に、誰かから見られている、ということでもあります。それによって無意識に緊張してしまう人も少なくありません。

中には「服装が変じゃないか」とか、「馬鹿にされてるんじゃないか」など、余計な心配まで発生してしまって、気疲れしてしまう人もいるのではないでしょうか。

マスクをつけて音楽を聴いて

このような“人に見られているのでは”という緊張感を緩和するには、伊達マスクが有効です。

伊達マスクは、風邪をひいているわけでもないのにマスクをする行為です。マスクをしていることによって顔を隠し、個人の特定ができないようにするのです。

また、人からからかわれているような気がする人は、イヤホンなどで音楽を聴きながら、他人の会話が耳に入らないように工夫しましょう。実際は、「なに、あの人」などと指をさして笑う人はあまりいないのですが、音楽に集中していれば気になりません。

マスクをすることによって安心感が得られ気分が軽くなった、という人もたくさんいます。風邪予防にもなって一石二鳥ではないでしょうか。

人混みは酸素は薄い?呼吸が浅くなる

人混みに入ると、酸素が薄くて苦しくなる…みたいに感じる人も少なくありません。確かに、密閉された空間にたくさんの人がぎゅうぎゅう詰め状態のライブ会場などは、本当に酸素が薄いのかもしれません。

ただ、屋外で人がたくさんいる状態でも苦しくなる、というのは空気中の酸素が少ないのではなく、実際は「自分の呼吸が浅くなっている」という可能性があります。

人混みは空気が汚い?無意識に呼吸を控えている

私も経験がありますが、人混みっていろんな匂いがしますよね。嫌な匂いだけではないのですが、他人の匂いってあまり嗅ぎたくないものです。

匂いを嗅ぐことによって嫌な気分になるのを防ぐため、なるべく呼吸したくないとか。ウイルスや菌がいそうだから、呼吸したくない。これは、なんだか理解できます。

そうすると、自然と呼吸が浅くなるので、脳にも酸素がいかなかったりして「人混みって疲れる」になりやすいような気がします。つまり、酸素が足りないから疲れるのです

人混みの中で深呼吸しましょう、と言ったって無理があると思うので、もし辛い場合は、やはりここでもマスクを持参して、気がついたときにマスクを着用して思い切り好きなだけ呼吸してみるのはいかがでしょうか。

あとは、人混みを抜けて空気がきれいな場所があれば、意識的に足りなかった分の酸素を取り込むため、たくさん空気を吸い込みましょう。

電気が原因?人混みには塩が効く

少しだけスピリチュアルっぽいことを言いますが、人の体って電気が走ってるんですって。脳内の情報処理も微弱な電気ですから、「被科学的な話」ではないはずです。

人が発生させているエネルギーを「トーラス」と言うのだそうですが、自分で発生させているトーラスの磁気が弱くなると、他人のトーラスの影響を受けやすくなるのだそうです。

つまり、人混みで疲れてしまう人は、自分のトーラスが弱まっている…ということです。

何もしていないのに、他人のエネルギーに影響されて疲れてしまう。これは、元気であるとか、健康である、ということとは、また別の問題です。

塩がトーラスを復活させてくれる!

またちょっとスピリチュアルっぽいことを書くので、引かないで欲しいのですが、「海に行くと安心する」みたいな人っていますよね。それって、結局「塩分が足りていない」ということです。

もっと言えば、ナトリウムとカリウムのバランスが崩れている、ということです。

塩分は取りすぎると体に悪いので「いっぱい塩を食え!」というわけではありません(塩が足りない人は塩を舐めてもいい)。ただ、塩分を控えるあまり、トーラスが弱まっている可能性も考えられます。

私がおすすめするのは「塩ブラ」です。塩をティッシュなどにくるんで、ブラジャーに挟み込む、というものです。直接口に入れないので高血圧の人でも大丈夫です。

実際、私も人混みが嫌いで、職場への通勤時や仕事中も、心臓がバクバクしたり変な汗が出て大変でしたが、塩ブラを始めてから楽になった記憶があります。その日使った塩は、捨てるのではなく、お風呂に溶かして使いました。

微弱な電気…とか言われても、目に見えないので「なんじゃそりゃ」って感じですが、人体の神秘ってまだ解明されていない部分も多いので、騙されたと思って試してみると案外効果があるかもしれませんよ。

おわりに

人混みが疲れるって結構しんどいです。行きたい場所に行くにも、人混みを避けては通れないから。でも、それをネガティブに「嫌なこと」にするのではなく、「そういうアトラクション」みたいに思って通過していくこともまた人生の勉強かな、と思います。

自分なりに切り抜ける方法が見つかれば今より楽になるので、いろいろ試して快適な方法を見つけてみてくださいね。

まとめ

  • 人混みに疲れるのはミラーニューロンが原因かも
  • パーソナルスペースを守ることを意識する
  • “人に見られている”という緊張感によって疲れる
  •  呼吸が浅くなるから酸素が足りていない
  • トーラスが弱まると疲れるので塩で回復する

健康も美容もダイエットもしたい!そんなあなたは、「【必見】今どき女子は始めてる!海外セレブが愛するオシャレダイエット」を読んでみてください。

インスタ映えもばっちりのオシャレに楽しめるとっておきのビューティアイテムがあるんです!

あなたにおすすめの他の記事



-ホンネ
-, ,

Copyright© いま女子 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.