ライフ

愛する犬は家族!犬好き必見の涙と笑いの感動物語!映画「僕のワンダフル・ライフ」

投稿日:2017年9月22日 更新日:


大好きな飼い主に会うために50年で3度の生まれ変わりを繰り返す素敵な犬の物語。

ゴールデン・レトリバーの子犬ベイリーの“最愛の人”は、自分の命を救ってくれた少年イーサン。愛に満ち溢れた生活の中で1匹と1人は固い絆で結ばれて行きます。しかし、犬の寿命は人間よりうんと短いのです。ついに、ベイリーが旅立つ日が来てしまいます。ところが死んでも愛するイーサンに会いたいと願う思いは消えることなく、ベイリーは新たな犬への生まれ変わりを続けます。でも広い世界の中で、そう簡単にイーサンと再び出会えることは容易ではありません。やがて50年の歳月が過ぎ、3度目の転生で遂に奇跡が起こるのです。念願のイーサンとの再会を果たしたベイリーは、自らに与えられた“重要な使命”に気づき使命の実現に向けて突き進みます。

犬の気持ちを心の声にして、犬の目線で綴られてゆく本作、愛犬家や動物好きはもちろんのこと、観た人すべての心を温かく優しい思いにしてくれます。そして、こんな愛すべきワンちゃんと人間との関係を“ペット”と“飼い主”ではなく、ひとつの“家族”と心から思いたくなるのです。毎日の生活に少し疲れたかなと思う人、そしてこれから犬を飼おうと思っている人には、特に観て欲しい素敵な作品です。

愛犬家なら誰もが思う夢が映画化されました!

原作はW・ブルース・キャメロンが愛犬を亡くし悲しむ恋人のために書いたベストセラー小説で、愛犬と飼い主との不思議な縁に共感し心揺さぶられた人たちから熱狂的な支持を集めています。愛犬家にとっての犬は家族も同然。もしも、かつて愛した犬が、自分にもう一度会うために、生まれ変わって帰ってきてくれたなら……。この作品は、すべての愛犬家が願う夢を形にした、“犬と人間の極上のラブストーリー”なのです。

作品中場面

 

犬と人間の美しい愛の絆を描き続けるラッセ・ハルストレムが監督

監督を務めたのは、犬と人間との絆をテーマとした映画に関わり続ける名匠ラッセ・ハルストレム。スウェーデンの小さな町を舞台にした犬と少年の物語「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」、日本人に愛され続けてきた感動の実話“ハチ公物語”をリチャード・ギアの主演で映画化した「HACHI約束の犬」を手掛け、満を持して完成させた“ドッグ・ムービー”第3弾となる本作は、自らのドッグシリーズの集大成ともいえる位置づけで完成度の高い作品へと仕上げました。犬好きが作った犬目線のストーリー展開は、人間目線とは少しズレがあって面白い犬の気持ちをよく捉えいて、新しい発見と熱い感動を感じることができます。

犬の声は「アナと雪の女王」でオラフを演じたジョシュ・ギャッドが担当!

ベイリーのひたむきな気持ちはモノローグで語られます。物語の中でゴールデン・レトリバー、ジャーマン・シェパード、コーギー、セント・バーナードとオーストラリアン・シェパードのミックスと何度も生まれ変わりを繰り返す中、大好きでたまらない飼い主のイーサンに会いた熱い思いは失せることはありません。そんな健気な犬の心の声を「アナと雪の女王」でオラフを演じたジョシュ・ギャッドが担当。観るものすべてに笑いと温かみ、そして感動をもたらす最も重要な役回りを、親しみやすいおなじみの声でお伝えします。

作品情報

監督:ラッセ・ハルストレム
原作:W・ブルース・キャメロン 「野良犬トビーの愛すべき転生」(新潮文庫)
出演:ジョシュ・ギャッド(声)、デニス・クエイド、ペギー・リプトン、K.J.アパ、ブリット・ロバートソン
日本語吹替版キャスト:高木渉、梅原裕一郎、花澤香菜、大塚明夫 他
配給:東宝東和 
■(C) 2017 Storyteller Distribution Co., LLC and Walden Media, LLC 
公式サイトhttp://boku-wonderful.jp/
公式ツイッターhttps://twitter.com/bokuwonderful
公式facebookhttp://www.facebook.com/bokuwonderful

9月29日(金)TOHOシネマズ 日劇他、全国ロードショー

予告編

執筆者/宮本秀実(ドルフィンプロダクション)

-ライフ
-, , ,

Copyright© いま女子 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.